シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I20
(Seminars I20) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フィールドワーク方法論(2) 
担当者 (Instructor) 橋本 栄莉(HASHIMOTO ERI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) D601(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC164 



授業の
目標
Course
Objectives
本授業では、フィールドワークをはじめとする文化人類学の方法論や研究論文の執筆方法を学ぶ。具体的には、学生個人が関心に基づきテーマを設定し、進捗状況を報告し、議論を行う。初回は対面実施とし、以後は履修者との相談により決定する。 
In this class, we will learn the anthropological methodologies of cultural anthropology, including fieldwork, and how to write research papers. Specifically, students set themes based on their interests, report their progress, and discuss. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、文化人類学が行ってきた様々な研究方法――理論研究、史資料研究、インタビュー、参与観察――の可能性と限界について、学生の個人研究を通じて検討する。これを通じて、個々人の研究関心を文化人類学的視点からとらえ直し、問いを深める。また、フィールドワークや民族誌データを中心とする文化人類学的な研究論文の執筆方法を学び、学生個人の研究を発展させる。 
In this class, the potential and limitations of various research methods conducted by cultural anthropology—theoretical research, historical material research, interviews, and participatory observations—are examined through student personal studies. Through this, the individual's research interests will be re-evaluated from a cultural anthropological perspective.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 学生の研究発表(1) 
3. 学生の研究発表(2) 
4. 学生の研究発表(3) 
5. 学生の研究発表(4) 
6. 学生の研究発表(5) 
7. 学生の研究発表(6) 
8. 学生の研究発表(7) 
9. 学生の研究発表(8) 
10. 学生の研究発表(9) 
11. 学生の研究発表(10) 
12. 学生の研究発表(11) 
13. 学生の研究発表(12) 
14. 学生の研究発表(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
フィールドワークや文献調査など、個人研究を進めること。また自身の発表にそなえ、データの整理・分析を行っておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業への参加態度(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP