シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I22
(Seminars I22) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
地域調査と論文作成 
担当者 (Instructor) 丸山 浩明(MARUYAMA HIROAKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 6206(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC166 



授業の
目標
Course
Objectives
地理学や地誌学とその周辺学問分野の成果を踏まえて各自の問題意識を明確化し,文献や資料のみならず自らの調査に基づいたオリジナルなデータを含めて,その結果を的確に説明できる.そして発表や推敲を積み重ねながら,論文に仕上げる. 
Students will clarify their own awareness of issues based on findings from geography, topography, and peripheral research fields, and will become able to accurately explain findings, not only from literature and materials but also from original data based on their own surveys. Through the accumulation of presentations and revisions, they will finish their theses. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期の演習I21を継続して実施する.毎回の講義では,担当者が発表を行ったうえで,全員で議論を重ねて,論文制作への導入を図る.そして最終的には,各自が研究課題を明確化して論文をまとめる. 
Continuing from Seminars I21 in the spring semester, in each session's lecture the leader will make a presentation and discuss with all participants, and work toward thesis production. In the end, participants will clarify their research topics and put together their theses. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 参加者による報告(1) 
3. 参加者による報告(2) 
4. 参加者による報告(3) 
5. 参加者による報告(4) 
6. 参加者による報告(5) 
7. 参加者による報告(6) 
8. 参加者による報告(7) 
9. 参加者による報告(8) 
10. 参加者による報告(9) 
11. 参加者による報告(10) 
12. 参加者による報告(11) 
13. 参加者による報告(12) 
14. 参加者による報告(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自が設定したテーマ・地域に関する研究論文や著書を熟読したり、現地調査を行ったりすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表の準備と内容(40%) 、全体討論での発言(30%) 、出席および受講態度(30%)
テキスト
Textbooks
テキストは使用しない。
参考文献
Readings
授業時に適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP