シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I11
(Seminars I11) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フォークロア 
担当者 (Instructor) 市田 雅崇(ICHIDA MASATAKA)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 9304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC167 



授業の
目標
Course
Objectives
基礎文献や民俗誌を通して、フォークロアを学ぶための基礎知識と考え方を身につける。 
Students will acquire fundamental knowledge and concepts for the study of folklore through basic literature and ethnography journals. 
授業の
内容
Course
Contents
基礎文献・民俗誌の輪読、民俗調査の事前調査を演習形式で進める。前半は担当者が興味のあるテーマについて文献をまじえて紹介し、討論をしながらフォークロアの知識・考え方について受講者で共有していく。後半は民俗調査についての事前調査。いずれもグループワークとして行う。  
The course will proceed in exercises format, through group reading of basic literature and ethnography journals, and prior surveys for fieldwork. In the first half of the course, leaders will introduce subjects of interest from a grounding in literature, and will share knowledge and concepts of folklore with course takers while engaging in discussion. The second half will focus on prior surveys in folklore studies. Students will conduct presentations in groups.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 講義 
3. 演習 1(グループワーク:テーマ 1-1) 
4. 演習 2(グループワーク:テーマ 1-2) 
5. 演習 3(グループワーク:テーマ 1-3) 
6. 演習 4(グループワーク:テーマ 1-4) 
7. 演習 5(グループワーク:テーマ 2-1) 
8. 演習 7(グループワーク:テーマ 2-2) 
9. 演習 8(グループワーク:テーマ 2-3) 
10. 演習 9(グループワーク:テーマ 2-4) 
11. 演習 10(グループワーク:予備調査 1) 
12. 演習 11(グループワーク:予備調査 2) 
13. 演習 12(グループワーク:予備調査 3) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
関心のある対象や出来事について、日ごろから新聞などに目を配っておいてください。また興味を持った祭りやイベントなどに足を運び、実際に見る・聞く・食べることを通してフォークロアふれてみてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(40%) 、ディスカッションへの参加(30%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
受講者の研究テーマにあわせて指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP