シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I12
(Seminars I12) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フォークロア 
担当者 (Instructor) 市田 雅崇(ICHIDA MASATAKA)  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 9304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC168 



授業の
目標
Course
Objectives
基礎文献や民俗誌の輪読、民俗調査を通して、フォークロアの知識と考え方を身につける。 
Students will acquire fundamental knowledge and concepts of folklore through basic literature, ethnography journals, and folklore surveys through fieldwork. 
授業の
内容
Course
Contents
演習Ⅰ11で学んだことをふまえて、(1) 受講者各自の興味をもったテーマについての論文を読んで報告する。
(2) 演習Ⅰ11で調べた民俗調査を行う。事前の準備・検討と、調査後の報告・討論を通して知見を深めていく。 
Based on what was learned in Seminar I11, students will: (1) Read and report on academic papers concerning their subjects of interest.
(2) Carry out fieldwork for which prior surveying was performed in Seminar I11. Students will deepen their knowledge through prior preparation and investigation, as well as through reports and discussions following practical training. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 発表と討論 1 
3. 発表と討論 2 
4. 発表と討論 3 
5. 発表と討論 4 
6. 発表と討論 5 
7. 発表と討論 6 
8. 民俗調査の準備と検討 1 
9. 民俗調査の準備と検討 2 
10. 民俗調査の準備と検討 3 
11. 民俗調査の報告と討論 1 
12. 民俗調査の報告と討論 2 
13. 民俗調査の報告と討論 3 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
個人発表のテキストは、受講者の興味を考慮し演習Ⅰ11で指示する。夏休みの間に読み、活発な議論ができるように、周到な発表準備をしておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(40%) 、ディスカッションへの参加(30%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
受講者の研究テーマにあわせて個別に指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP