シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I23
(Seminars I23) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フォークロア 
担当者 (Instructor) 市田 雅崇(ICHIDA MASATAKA)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 9207(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC171 



授業の
目標
Course
Objectives
研究テーマを設定し、研究の課題と独自性を見出し卒業論文につなげる。その際、研究テーマを先行研究に位置づける作業と、民俗調査による事例のデータを収集・適切なデータの提示とが求められる。 
Students will set research themes, discover topics and unique approaches in the research, and connect these to their graduation theses. At that time, work that positions students' research themes as prior research, collection of case study data through fieldwork, and presentation of appropriate data will be required of students. 
授業の
内容
Course
Contents
学生が主体的に研究テーマを設定し個人発表を行う。前半はテーマについての先行研究のレビューと研究計画。先行研究は隣接領域も含めて視野に入れる。後半は調査対象となる事例・夏休み期間中の調査計画について報告を行う。全体での討論を重ねて、論文の書き方、調査方法、データの提示方法・分析方法を共有しながら学んでいく。 
Students will independently set research themes and deliver individual presentations. The first half of the course will consist of reviewing prior literature on students' themes, and research planning. Adjacent domains will also be considered for prior research. In the second half, students will report on the cases they are investigating, and on their survey plans for the summer vacation period. Through repeated discussions during the course, students will learn as they share methods for academic paper writing, surveying, data presentation, and analysis. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 個人発表:先行研究レビュー 1 
3. 個人発表:先行研究レビュー 2 
4. 個人発表:先行研究レビュー 3  
5. 個人発表:先行研究レビュー 4 
6. 個人発表:先行研究レビュー 5 
7. 個人発表:先行研究レビュー 6 
8. 個人発表:研究テーマの考察 1 
9. 個人発表:研究テーマの考察 2 
10. 個人発表:研究テーマの考察 3 
11. 個人発表:研究テーマの考察 4 
12. 個人発表:研究テーマの考察 5 
13. 個人発表:研究テーマの考察 6 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
研究テーマに関する論文やデータの収集は少しずつでもいいので随時行うこと。また予備的な民俗調査を行っておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(50%) 、ディスカッションへの参加(20%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
受講者の研究テーマにあわせて個別に指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP