シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I24
(Seminars I24) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フォークロア 
担当者 (Instructor) 市田 雅崇(ICHIDA MASATAKA)  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 9207(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC172 



授業の
目標
Course
Objectives
研究のテーマについてデータを用いて明確に提示し、隣接領域を含む先行研究をふまえた、論理的な構成の予備論文を制作する。 
Students will deliver clear data-based presentations on their research themes, and will produce preliminary theses with logical composition based on prior research, including from adjacent domains. 
授業の
内容
Course
Contents
演習Ⅰ23(春学期)を継続し個人発表を行う。前半は夏休み期間中の調査報告(調査で得たオリジナルなデータの提示と分析)について発表し、討論する。後半は前半発表に対するフィードバックへのリプライをふまえて発表を行い、卒業論文制作に向けた研究を深化させていく。 
Continuing from Seminar I23 (spring semester), students will deliver individual presentations. In the first half of the course, students will deliver presentations and engage in discussions on their survey reports during the summer vacation period (presentation and analysis of original data obtained through surveys). In the second half, students will deliver presentations based on replies to feedback on presentations in the first half, and will deepen research aimed at production of their graduation theses. 
授業計画
Course
Schedule
1. 個人発表 1 
2. 個人発表 1 
3. 個人発表 2 
4. 個人発表 3 
5. 個人発表 4 
6. 個人発表 5 
7. 個人発表 6 
8. 個人発表 7 
9. 個人発表 8 
10. 個人発表 9 
11. 個人発表 10 
12. 個人発表 11 
13. 個人発表 12 
14. 個人発表 13 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
研究テーマに関する論文やデータの収集は少しずつでもいいので随時行うこと。
発表に対しする受講者からのコメントを参照し、フィードバックすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(70%) 、ディスカッションへの参加(30%)
テキスト
Textbooks
受講者の研究テーマにあわせて個別に指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP