シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AC201/フィールドワーク H1a
(Field Work H1a) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 後藤 雅知(GOTO MASATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 通年他 (Full year Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3530 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC201 



授業の
目標
Course
Objectives
史料が残る現地へと赴き、その地に残された近世史料について調査・収集する体験を通して、史料調査に関する能力を高め、また近世の地域社会についての洞察を深めることを目的とする。 
The purpose is to improve the ability to investigate historical materials and to deepen insights into the local community in the early modern period, through the experience of going to the site where historical materials remain and investigating and collecting the historical materials left in the area. 
授業の
内容
Course
Contents
近世の在地社会に関わる史料が残る地域を訪問して、史料の残存状況を把握した上で、実際の近世史料の調査・収集方法を学ぶ。また現地を見学し、収集した史料を読解することで、近世の地域社会のありようを具体的に明らかにする。 
Visit areas where historical materials related to the local society of the early modern period remain, understand the remaining situation of historical materials, and learn how to actually investigate and collect historical materials of the early modern period. In addition, by visiting the site and reading the collected historical materials, we will clarify the state of the local community in the early modern period. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 事前学習会(1) 
3. 事前学習会(2) 
4. 史料保存機関などへの日帰り調査(1) 
5. 史料保存機関などへの日帰り調査(2) 
6. 史料保存機関などへの日帰り調査(3) 
7. 2泊3日の現地調査(1) 
8. 2泊3日の現地調査(2) 
9. 2泊3日の現地調査(3) 
10. 2泊3日の現地調査(4) 
11. 2泊3日の現地調査(5) 
12. 2泊3日の現地調査(6) 
13. 2泊3日の現地調査(7) 
14. 事後の総括と報告書の作成 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
近世のくずし字を学習するサブゼミや古文書の講義などに参加し、くずし字がある程度読めるようになっておくことが必須である。くずし字が解読できない場合、参加はかなり難しい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および授業参加態度(100%)
テキスト
Textbooks
テキストはとくに指定しない。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 林英夫  近世古文書解読字典   柏書房  1972  4-7601-0003-2 
その他(Others)
その他の参考文献は適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
日程は、事前準備調査1回(6月から7月の土日のどこか1日)と、本調査1回(2泊3日、夏期休暇中)を予定している。また調査後も、報告書の作成まで、複数回にわたって打ち合わせが必要となる可能性が高い。
履修する場合には、最初のガイダンスに必ず出席すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP