シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AC342/史学講義 42
(Lectures on History 42) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本女性史 
担当者 (Instructor) 小野沢 あかね(ONOZAWA AKANE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) 7101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3500 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC342 



授業の
目標
Course
Objectives
「日本軍「慰安婦」問題と近代公娼制度」というテーマのもと、近代日本の公娼制度と日本軍「慰安婦」問題との歴史的関係を概観するとともに、各国との国際比較、戦後も引き続く軍隊と性的施設・性暴力について考察する。 
Under themes of the "comfort women" issue of the Japanese military and modern licensed prostitution systems, this course takes an overview of the historical relationship between modern Japan's licensed prostitution system and the comfort women problem of the Japanese military, while making comparisons with other countries and considering the issues of armed forces and sexual facilities/sexual violence that continues even after the war. 
授業の
内容
Course
Contents
日本軍「慰安婦」問題とは何で、なぜ今日に至るまで解決していないのだろうか。本講義はこうした疑問に答えるとともに、同問題と近代公娼制度との関係に焦点をあてたい。公娼制度と「慰安婦」問題は別物であり、多くの「慰安婦」被害者は性売買(売春)とは関係のない人々であった。ただし、身売りで娼妓・芸妓・酌婦にさせられた女性たちの中に「慰安婦」になったケースが存在したこと、それは日本人の「慰安婦」に多かったことがわかっており、両者は深く関係していた。本講義では、近代日本の公娼制度と人身売買が日本軍「慰安婦」問題の温床となったこと、加えて、各国・各国軍の性的施設・性暴力との比較、さらには現代日本の女性の貧困と性売買・性暴力をめぐる状況についても言及したい。 
What is the issue of "comfort women" in the Japanese military, and why has it not been resolved even today? In addition to answering these questions, the lectures will place a spotlight on the relationship between this problem and modern licensed prostitution systems. The licensed prostitution system and the comfort women issue were separate, and many "comfort women" victims were people who had nothing to do with the sex trade (i.e., prostitution). However, it is known that women sold into prostitution, the geisha trade, and the barmaid trade became comfort women in some cases, that such cases were common among Japanese comfort women, and that the two were deeply related. The lectures will also touch on the fact that the modern Japanese licensed prostitution system and human trafficking were hotbeds for the issue of comfort women in the Japanese military. It will make comparisons with sexual facilities and sexual violence in other countries and armed forces, and further touch on the situation surrounding poverty and the sex trade/sexual violence in contemporary Japan. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業のねらいと進め方 
2. 日本軍「慰安婦」問題とは何か(1) 
3. 日本軍「慰安婦」問題とは何か(2) 
4. 日本軍「慰安婦」問題とは何か(3) 
5. 「慰安婦」問題解決運動と国際社会 
6. 娼妓・芸妓・酌婦から「慰安婦」へ (1) 
7. 娼妓・芸妓・酌婦から「慰安婦」へ (2) 
8. 近代公娼制度の歴史(1)  
9. 近代公娼制度の歴史(2)  
10. 各国軍の性的施設・性暴力(1) 
11. 各国軍の性的施設・性暴力(2) 
12. 現代日本における性を買う男たち 
13. 現代日本における貧困と性売買――「自己責任」論を批判する 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前・事後学習については、毎回の授業でポイントと課題を提示する。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
コメントカード(60%) 、レポート(40%)
テキスト
Textbooks
配布プリントを使用する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 吉見義明  『従軍慰安婦』   岩波書店  1995   
2. 「戦争と女性への暴力」リサーチアクションセンター編(西野瑠美子・金富子・小野沢あかね責任編集)  『「慰安婦」バッシングを越えて』   大月書店  2013   
3. 小野沢あかね  「「慰安婦」問題からみた近代日本社会」新田啓子編『ジェンダー研究の現在』   立教大学出版会  2013   
4. 歴史学研究会・日本史研究会編  『「慰安婦」問題を/から考える』   岩波書店  2014   
5. 飯島裕子  『ルポ 貧困女子』   岩波書店  2016   
6. 宮本節子  『AV出演を強要された彼女たち』   ちくま新書  2016   
7. 国立歴史民俗博物館  『企画展示 性差の日本史』   国立歴史民俗博物館  2020   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP