シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AC362/超域文化学講義 8
(Lectures on Interdisciplinary Cultural Studies 8) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
アメリカ社会史2 
担当者 (Instructor) 松原 宏之(MATSUBARA HIROYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) M301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3600 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC362 



授業の
目標
Course
Objectives
1.アメリカ合衆国社会の特性をジェンダー史の観点から位置づけることができる。
2.アメリカ史の事例に照らして、ジェンダー史の方法について評価できる。 
1. Students will be able to position the characteristics of the society of the United States of America from the viewpoint of gender history.
2. Students will be able to evaluate methods of gender history studies in light of examples from American history. 
授業の
内容
Course
Contents
<ジェンダーで考えるアメリカ合衆国史>
ジェンダー史の観点からのアメリカ合衆国史とらえ直しを目標とする。それは同時に、(アメリカに限らず)「ジェンダー史」とは何であり、なぜ生まれ、どこへ行こうとするのかについての検討にもなるだろう。ジェンダーが人種や階級をはじめとする諸カテゴリーと関わりあうなかで形成され展開する、社会の動態をつかみ出す方法を考えていきたい。
講義内でも対話・ディスカッションの機会をもうけます。聴くだけでなく、発言・関与を期待します。
感染状況に応じて、講義順番などを組み替えてオンラインに移すことがあります。 
History of the United States of America as Considered through Gender
This course aims to reconsider the history of the United States of America from the viewpoint of gender history. At the same time, without being limited to America, it will examine what “gender history” is, why it was born, and where it is heading. The course hopes to consider methods for grasping the dynamic mechanisms of society, which is formed and developed within the interactions of gender with categories such as race and class.
In the lectures, too, students will have opportunities for dialog and discussion. Students are expected to not only listen but also to make comments and get involved. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ジェンダー史の理論・方法・時代背景1 
3. ジェンダー史の理論・方法・時代背景2 
4. アメリカ合衆国「市民」の創造とジェンダー1 
5. アメリカ合衆国「市民」の創造とジェンダー2 
6. セッション(中間レポート) 
7. 長い19世紀と「市民」「帝国民」の再編―セクシュアリティ、階級、人種1 
8. 長い19世紀と「市民」「帝国民」の再編―セクシュアリティ、階級、人種2 
9. 長い19世紀と「市民」「帝国民」の再編―セクシュアリティ、階級、人種3 
10. 長い19世紀と「市民」「帝国民」の再編―セクシュアリティ、階級、人種4 
11. フェミニズム、バックラッシュ、インターセクショナリティ―現代アメリカとジェンダー1 
12. フェミニズム、バックラッシュ、インターセクショナリティ―現代アメリカとジェンダー2 
13. フェミニズム、バックラッシュ、インターセクショナリティ―現代アメリカとジェンダー3 
14. セッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
適宜、史料や論文の読解を課す。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、中間レポート(40%) 、レスポンスペーパーほか参画(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. アメリカ学会編  『原典アメリカ史』   岩波書店     
2. 亀井俊介ほか編  『史料で読むアメリカ文化史』   東大出版会     
3.   『事典 現代のアメリカ』   大修館書店  2004   
4. 有賀夏紀ほか編  『アメリカ史研究入門』   山川出版社  2009   
5. アメリカ学会編  『アメリカ文化事典』   丸善  2018   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP