シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AC376/超域文化学講義 22
(Lectures on Interdisciplinary Cultural Studies 22) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フォークロア2 
担当者 (Instructor) 市田 雅崇(ICHIDA MASATAKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 8304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3600 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC376 



授業の
目標
Course
Objectives
民俗学は日常世界を見つめなおし、文化や社会を考えていく学問である。本講義ではわれわれの身近にある「あたりまえのもの」 を通して日本社会の文化を問い直し、フォークロアを通して現代社会を理解することを目標とする。 
Folklore studies is an academic field that rethinks the everyday world to consider culture and society. These lectures aim to question the culture of Japanese society through the "normal things" familiar to us, and to understand contemporary society through folklore. 
授業の
内容
Course
Contents
日本の民俗学のについていくつかのテーマを設定して日本社会の文化について学ぶ。本年度は(1)柳田国男、折口信夫の足跡を追いながら日本の民俗学の流れを概観する。(2)しぐさ、病い、遊び、都市伝説を事例として、身体とフォークロアの視点から考える。(3)「ふるさと」の創出、祭りやイベントを通した地域振興を事例として、ノスタルジーとフォークロアの視点から考える。 
The course will set several themes concerning Japanese folklore studies and will study the culture of Japanese society. This academic year, the course will: (1) Outline the flow of folklore studies in Japan, tracing the footsteps of folklorists such as Kunio Yanagita and Shinobu Orikuchi. (2) Consider views on physicality, taking gestures, sickness, play, urban legends in Japan as examples. (3) And consider views on nostalgia, taking community revitalization through festivals, and inventions of "furusato" as examples. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 日本のフォークロア研究 1 
3. 日本のフォークロア研究 2 
4. 日本のフォークロア研究 3 
5. フォークロアと身体 1 
6. フォークロアと身体 2 
7. フォークロアと身体 3 
8. フォークロアと身体 4 
9. フォークロアと身体 5 
10. フォークロアとノスタルジー 1 
11. フォークロアとノスタルジー 2 
12. フォークロアとノスタルジー 3 
13. フォークロアとノスタルジー 4 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
国内外の文化に関する新聞記事等に日ごろから目を通しておくこと。
その他授業内において指示する。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
リアクションペーパー(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
課題では、授業内で取り扱ったテーマを受講者が実地で見聞したうえで、レポートとして提出する(状況に応じて代替の課題となる場合は授業内で指示する)。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 福田アジオほか編  『日本民俗大辞典』   吉川弘文館  1999-2000   
2. 新谷尚紀ほか編  『講座日本民俗学』   朝倉書店  2020-   
その他(Others)
そのほか授業内で紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP