シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/教育学
(Pedagogy) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 渡辺 哲男(WATANABE TETSUO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 5222(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU1700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AE091 



授業の
目標
Course
Objectives
教育の基本的概念は何か、また、教育の理念にはどのようなものがあり、教育の歴史や思想において、それらがどのように現れてきたかについて学ぶ。これまでの教育及び学校の営みがどのように捉えられ、変遷してきたのかを理解することで、これからの教育のありようを考えたい。 
Students will learn about the fundamental concepts of education and about what constitutes an educational philosophy. Students will also learn about how these concepts and philosophies of education have appeared in educational history and thoughts. The class aims to help students consider the future of education based on an understanding of how education and schooling have been conceived and changed. 
授業の
内容
Course
Contents
(1)教育(学)の基本的な概念を理解し、近代教育がいかに成立したのかを、日本と諸外国を比較しながら学ぶ。(2)欧米の近代教育思想を学ぶ。(3)現代の教育問題とこれまで学んできた理念や思想を接続し、現代社会における教育課題を歴史的な視点から考える。 
(1) Students will understand the basic concepts of education (and pedagogy), and learn how modern education systems were established while comparing Japan with other countries. (2) Students will learn about modern educational thought in Western countries. (3) Students will connect issues in contemporary education to philosophies and thought they have learned up until now, and think about educational issues in contemporary society from a historical perspective. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション:「勉強する」、「学習する」ことと「研究する」ことの違いはどこにあるのか 
2. 「異文化」として過去の「教育」をみる:教育の思想や歴史を研究するための方法論 
3. 近代教育はいかに成立したか 
4. 日本の近代教育の成立 
5. 日本の学校文化の歴史性 
6. 欧米の近代教育思想(1)コメニウス 
7. 欧米の近代教育思想(2)ルソー 
8. 欧米の近代教育思想(3)ペスタロッチとヘルバルト 
9. 欧米の近代教育思想(4)デューイと新教育  
10. 教育思想と教育実践のつながりを考える 
11. 教育学の重要概念について 
12. 現代社会における教育課題(1)メディアの発達に伴う学習の変容 
13. 現代社会における教育課題(2)人工知能の発達と教育 
14. 現代社会における教育課題(3)震災と教育、コロナ禍と教育 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に配付する資料を次回までに読み、自分の考えを表明したり、与えられた課題に回答できるように準備することが求められる。詳しくは初回の授業で説明する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
授業中、前後に提示する課題の提出(40%)
テキスト
Textbooks
授業時に資料を配付します。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 今井康雄編  『教育思想史』   有斐閣  2009  9784641123847 
2. 渡辺哲男ほか編  『言葉とアートをつなぐ教育思想』   晃洋書房  2019  9784771031623 
3. 眞壁宏幹編  『西洋教育思想史』   慶應義塾大学出版会  2016  978-4766423273 
その他(Others)
その他の参考文献については、授業時に提示します。できるだけ多くの文献に眼を通し、比較の視点を養ってください。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP