シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AE188/総合的な学習の時間の理論と方法
(The Period for Integrated Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 伊藤 実歩子(ITO MIHOKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) X301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU2700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度以降入学者のみ履修可
【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) AE188 



授業の
目標
Course
Objectives
総合的な学習の時間は、探求的な見方・考え方を働かせ、横断的・総合的な学習を行うことを通して、よりよく課題を解決し、自己の生き方を考えていくための資質・能力の育成を目指す。
各教科などで育まれる見方・考え方を総合的に活用して、広範な事象を多様な角度から俯瞰して捉え、実社会・実生活の課題を探求する学びを実現するために、指導計画の作成および具体的な指導の仕方、ならびに学習活動の評価に関する知識・技能を身に付ける。 
The Period for Integrated Studies develops qualities and abilities to better solve problems and think about one's own way of life through exploratory perspectives and ways of thinking and conducting cross-sectional and comprehensive study. It aims to create a teaching plan to comprehensively utilize the viewpoints and ways of thinking nurtured in each subject, to grasp a wide range of events from various angles, and to realize learning that explores issues in the real world and real life and to acquire knowledge and skills related to specific teaching methods and evaluation of learning activities.

 
授業の
内容
Course
Contents
総合的な学習の時間の意義や、各学校において目標及び内容を定める際の考え方を理解する。
総合的な学習の時間の指導計画作成の考え方を理解し、その実現のために必要な基礎的な能力を身に付ける。
総合的な学習の時間の指導と評価の考え方および実践上の留意点を理解する。 
To understand the significance of the Period for Integrated Studies and the way of thinking when setting goals and contents at each school.
To understand the concept of teaching planning for the Period for Integrated Studies, and acquire the basic abilities necessary to realize it.
To understand the concept and practical points of instruction and evaluation of the Period for Integrated Studies.

 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション:総合的な学習の時間とは何か 
2. 総合的な学習の時間の歴史――日本の教育実践史から①奈良女子大学付属小学校―― 
3. 総合的な学習の時間の歴史――日本の教育実践史から②伊那市立伊那小学校―― 
4. 総合的な学習の時間の歴史――日本の教育実践史から③和光小学校/きのくに子どもの村学園―― 
5. 総合的な学習の時間の理論――デューイ―― 
6. 総合的な学習の時間の理論――ヨーロッパの新教育運動―― 
7. 総合的な学習の時間の意義――教育課程において果たす役割―― 
8. 総合的な学習の時間の指導計画作成――年間指導計画①―― 
9. 総合的な学習の時間の指導計画作成――単元指導計画②―― 
10. 総合的な学習の時間の指導――探究的な学習の過程をどのように実践するか―― 
11. 総合的な学習の時間の評価 
12. わたしの総合的な学習の時間――発表・検討会―― 
13. わたしの総合的な学習の時間――発表・検討会―― 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
本科目では、受講生自身で、総合的な学習の時間をデザインし、自分でそれを実践することを内容としているために、授業時間外での作業時間・量は相当なものになることに留意すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内レポート(30%) 、授業内レポート(30%) 、授業内レポート(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP