シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/造形表現 1b
(Art Education 1b) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
素材と環境から誘発される表現 
担当者 (Instructor) 南雲 まき(NAGUMO MAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 4353(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU3720 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AF142 



授業の
目標
Course
Objectives
子どもの造形活動を体験することによって受講者自身が造形的な視点を身につける。行為を通し、子どもの成長や学びと造形表現との関係について考える。何よりも、様々な素材や行為を通し、受講者自身が表現することの楽しさや意義を感じられることを目標とする。 
By experiencing children’s formative activities, the students obtain formative perspectives. Through these activities, the students delve into the relationship of children’s growth and learning with their formative expressions. Through various materials and activities, the course aims to let students know the fun and significance of expression by themselves. 
授業の
内容
Course
Contents
小学校「図画工作」の表現分野には「造形遊び」と「絵や立体、工作に表す活動」があり、そのすべての活動について体験を通して学んでいく。行為や表現の過程を、結果と同様、もしくはそれ以上に重視するという近年の教科の考え方から子どもの表現活動を捉えなおし、表現活動と人間の育ちの関係について考えていく。 
The elementary school’s Arts and Crafts lessons consist of “formative play” and “activities expressed in drawings, solid figures, and crafts” in the field of expression, and the students learn all of these activities through first-hand experiences. By reframing children’s expressive activities based on the recent concept of the subject, which is to give the act of expression and its processes the same or more priority than the result, the students examine the relationship between expressive activities and human growth. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス「造形表現と人間の変容」 
2. 様々な素材に描く 
3. 身近な素材からの造形-「自」と「他」を見つめる―(1) 
4. 身近な素材からの造形-「自」と「他」を見つめる―(2) 
5. 写し取る形(1) 
6. 写し取る形(2) 
7. 版に表す活動(1) 
8. 版に表す活動(2) 
9. 「造形遊び」と身体的感受性(1) 
10. 「造形遊び」と身体的感受性(2) 
11. モダンテクニック-偶然の色・形との出会い-(1) 
12. モダンテクニック-偶然の色・形との出会い-(2) 
13. コラージュ 
14. 鑑賞と振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の活動を振り返り、半期の学びをまとめたポートフォリオを作成する。美術作品に限らず、身の回りの事象、自分を取り巻く物質に関心をもち、能動的に関わる。また、美術、音楽、演劇鑑賞、読書など芸術に触れ、人間の表現活動についての考察を深める。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ポートフォリオ(40%) 、リアクションペーパー(30%) 、提出物(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 文部科学省  『小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 図画工作編』   日本文教出版  2018  4536590110 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小松佳代子  『周辺教科の逆襲』   叢文社  2012  978-4-7947-07000 
2. OECD教育研究革新センター  『アートの教育学』   明石書店  2016  978-4-7503-4430-0 
3. 井庭崇 編  『クリエイティブ・ラーニング』   慶応義塾大学出版会  2019  978‐4766425727 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
文部科学省HP:小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 図画工作編
https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/03/18/1387017_008.pdf 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP