シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/国語科教育法b
(Teaching Methods: Japanese Language b) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 渡辺 哲男(WATANABE TETSUO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) X201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU3700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AF171 



授業の
目標
Course
Objectives
 小学校国語科における授業の目標や内容を理解し、学習指導理論を踏まえて具体的な授業場面を想定した授業設計を行う方法を身につける。 
 Students will understand class objectives and content of elementary school Japanese classes, and become competent with arranging classes appropriate to various specific learning settings based on learning instruction theory. 
授業の
内容
Course
Contents
 前半は、小学校学習指導要領に示された国語科の目標や内容、国語科の背景となる学問領域との関係を理解する。後半は学習指導案作りのポイントを学んだ後、指導案を作成し模擬授業に取り組む。模擬授業を行った翌週はリフレクションを行い、授業改善のための視点を身につける。その際の集団による考察・議論・発表などには主体的に臨む。 
 In the first half of the class, students will understand the relationships between the objectives and content of Japanese language class, which are described in the elementary school curriculum guidelines, and the academic discipline behind Japanese classes. In the second half of the class, after students have learned the class planning method points, they will carry out mock classes they have planned. The week after the mock classes are conducted, students will reflect and become familiar with perspectives regarding class improvement. The group consideration, discussion and presentations at that time will be examined subjectively. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 学習指導要領における国語科の目標と内容、全体構造の理解と批判的検討 
3. 学習者の実態を視野に入れた授業づくりと国語科授業の評価 
4. 国語科の背景となる学問領域との関係、学習指導案作成のポイント 
5. 模擬授業(1:低学年文学教材)とそのリフレクション 
6. 模擬授業(2:中学年文学教材)とそのリフレクション 
7. 模擬授業(3:高学年文学教材)とそのリフレクション 
8. 模擬授業(4:低学年説明文教材)とそのリフレクション 
9. 模擬授業(5:中学年説明文教材)とそのリフレクション 
10. 模擬授業(6:高学年説明文教材)とそのリフレクション 
11. 模擬授業(7:その他の言語事項など)とそのリフレクション 
12. 模擬授業(8:その他の言語事項など)とそのリフレクション 
13. 国語科授業における情報機器の効果的な活用、書写指導のポイント 
14. 授業のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
模擬授業担当回の学習指導案提出は必須。児童役の学生も当該教材を事前に読み込んでおくこと。自分ならばどう授業するかをイメージして授業に臨むこと。授業終了後はリフレクションペーパーを記入してもらう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
授業中、前後に提出する課題(50%)
備考(Notes)
欠席が4回になった時点でD評価となる。出席については初回の授業で詳細を説明する。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 文部科学省  『小学校学習指導要領解説 国語編』   東洋館出版社  2018  9784491034621 
その他(Others)
テキストは必ず購入のこと。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 澤本和子・授業リフレクション研究会編  『国語科授業研究の展開』   東洋館出版社  2016  9784491032023  
2. 森山卓郎編著  『コンパクトに書く国語科授業モデル : 書けない子も書けるようになる!』   明治図書  2016  9784182214257 
3. 渡辺哲男ほか編  『言葉とアートをつなぐ教育思想』   晃洋書房  2019  9784771031623 
その他(Others)
その他の参考文献は授業中に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP