シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/生活科教育法b
(Teaching Methods: Life Environmental Studies b) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 伊藤 実歩子(ITO MIHOKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 4353(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU3700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) AF174 



授業の
目標
Course
Objectives
生活科における教育目標、育成を目指す資質・能力を理解し、学習指導要領に支援された生活科の学習内容について背景となる学問領域と関連s名せて理解を深めるとともに、さまざまな学習指導理論を踏まえて具体的な授業場面を想定した授業設計を行う方法を身に付ける。 
Students will understand class objectives and content of elementary school Life Environmental studies classes, and become competent in arranging classes appropriate to various specific learning settings based on learning instruction theory.  
授業の
内容
Course
Contents
前半は、学習指導要領に示された社会科の目標や内容、社会科の背景となる学問領域との関係を理解する。その後は、学習指導案作りのポイントを学んだ後、指導案を作成し模擬授業の取り組む。模擬授業を行った翌週はリフレクションを行い、授業改善のための視点を身につける。  
In the first half of the class, students will understand the relationships between the class objectives and content laid out by the elementary school curriculum guidelines and the academic discipline behind Life Environmental Studies classes. After that, once students have learned the class planning method points, they will carry out mock classes they have planned. The week after the mock classes are conducted, students will reflect and become familiar with perspectives regarding class improvement.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション:生活科のイメージ 
2. 学習指導要領における生活科の目標と内容、全体構造の理解 
3. 生活科授業をどう評価するか 
4. 社会科の背景となる学問領域と教材研究 
5. 学習者の実態を視野に入れた授業づくりをどのように行えばよいか 
6. 指導案作成の方法:目標・内容・方法・評価 
7. 指導案作成と模擬授業(1)学校、家庭及び地域の生活に関する内容 
8. 前回の模擬授業のリフレクション 
9. 指導案作成と模擬授業(2)身近な人々、社会及び自然と関わる活動に関する内容 
10. 前回の模擬授業のリフレクション 
11. 指導案作成と模擬授業(3)自分自身の生活や成長に関する内容 
12. 前回の模擬授業のリフレクション 
13. 生活科の授業改善とカリキュラム編成 
14. 生活科授業における情報機器の効果的な活用 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
本科目では、実際に自分で調査などを行うことを求めるものになるため、授業時間外の学習時間は多くなることに留意すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内レポート(30%) 、授業内レポート(30%) 、授業内レポート(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP