シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AL221/文芸・思想概論
(Introductory Lectures on Philosophy and Creative Writing) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
文芸・思想を学ぶために 
担当者 (Instructor) 林 みどり(HAYASHI MIDORI)
福嶋 亮大(FUKUSHIMA RYOTA)
蜂飼 耳(HACHIKAI MIMI)
菅野 聡美(KANNO SATOMI)
渡名喜 庸哲(TONAKI YOTETSU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) X305(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ART1800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AL221 



授業の
目標
Course
Objectives
文芸とはなにか,思想とはなにか,その両方を冠する問題の圏域について考える。
それぞれ専門分野を異にする専任教員が概説する,各分野における基礎的な知見を身につけると同時に,そうした知識にもとづいて,自分の考えを深め,それを正確に表現する力を養うことが目指される。 
The course will consider the realm of issues that come under the questions of what are art and literature, and what is thought.
While students acquire fundamental knowledge in the respective fields of expertise of the faculty members, they will draw on that knowledge to develop their own ideas and nurture the ability to express these accurately. 
授業の
内容
Course
Contents
文芸・思想専修の専任教員のリレー講義で,毎回異なるテーマと文芸や思想の結びつきについて考え,文芸・思想の知の圏域を拡張し,多様な問題関心を展開する。全体として統一した流れを追うのではなく,教員各自が各回に作り出す多様な思考の流れを,受講生は自分なりに整理し発展させ展開させ,論理的な文章にまとめあげる覚悟が求められる。最終レポートは脚注や参考文献をきちんと整えた正式な小論文形式のもののみ提出可。論文の書き方について,参考書を各自探して学んでおくこと。担当教員ごとに出される複数の課題図書を読破したうえで,授業内容と関連付けた小論文を,かなりの枚数書くことが求められる(10,000字以上予定)。課題図書や課題テーマについては,後日講義内と掲示で提示する。 
In relay-format lectures by full-time faculty members in Philosophy and Creative Writing, students will think about the connections between literary arts and thought and each session's themes, will expand the sphere of their knowledge of literary arts and ideas, and will develop interest in various issues. Rather than pursue a unified flow as a whole, in each session, faculty members will create diverse flows of ideas. Students should be prepared to organize, expand on, and develop these in their own way, then summarize these into logical texts. Final reports may only be submitted in formal essay format, with well-organized footnotes and references. Students will search for reference books and study how to write theses on their own. Students will be required to write a considerable number of essays associated with the content of classes, after reading through multiple books assigned by the faculty members in charge (tentatively over 10,000 characters). The assigned books and subjects will be presented later in the lectures and in bulletins. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション:文芸・思想を学ぶこととはどういうことか 
2. 文芸・思想講義1 
3. 文芸・思想講義2 
4. 文芸・思想講義3 
5. 文芸・思想講義4 
6. 文芸・思想講義5 
7. 文芸・思想講義6 
8. 文芸・思想講義7 
9. 文芸・思想講義8 
10. 文芸・思想講義9 
11. 文芸・思想講義10 
12. 文芸・思想講義11 
13. 文芸・思想講義12 
14. まとめと振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業中の指示に従い,文献を読み込んだり,調べたりしてもらう。宿題が課される場合がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
リアクションペーパー(20%)
備考(Notes)
4分の1以上の欠席は理由を問わず失格。20分以上の遅刻は欠席とみなす。
テキスト
Textbooks
プリントを配付する。
参考文献
Readings
必要に応じて授業中に指定する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
扱われる領域や主題によっては,ゲストスピーカーが招聘される回もある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP