シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AL226/超域文化学概論
(Introduction to Interdisciplinary Cultural Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 橋本 栄莉(HASHIMOTO ERI)
丸山 浩明(MARUYAMA HIROAKI)
松原 宏之(MATSUBARA HIROYUKI)
市田 雅崇(ICHIDA MASATAKA)
服部 佐智子(HATTORI SACHIKO)
小泉 諒(KOIZUMI RYO)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ART1600 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AL226 



授業の
目標
Course
Objectives
超域文化学専修を構成する専任教員がそれぞれ2~3回ずつ担当して、各自の専門領域を紹介する。受講生が専門を選択していく上で必要な基礎的な考え方や方法論の習得を目指す。また、超域文化学専修に進まない学生にとっても、超域的な学問研究の進め方に触れることで、自らの立場や考え方を相対的に鳥瞰できるようにする。 
The full-time faculty members who make up the course in transdisciplinary culture studies will take charge of classes 2 to 3 times each and will introduce their own domains of specialization. The aim is for students to learn the fundamental ways of thinking and methodologies necessary for selecting their own specializations. In addition, even students who will not advance to transdisciplinary culture studies will become able to take a relatively high-level view of their own standpoints and ways of thinking by experiencing how to proceed with transdisciplinary academic research. 
授業の
内容
Course
Contents
生業に関する文化、衣食住などの物質文化、親族や宗教でつながる人間集団の文化などを、地域や環境との関連から解明する。担当教員がそれぞれのフィールドで行ってきた研究をもとに話題を提供し、超域文化学を構成するそれぞれの専門分野の基礎について講義する。 
The class will draw on the relationships between regions and their environments to elucidate cultures, including culture related to livelihoods, material culture such as food, clothing, and shelter, and culture of human groups connected by kin and religion. Faculty members in charge will provide topics based on research conducted in their respective fields, and will perform lectures on the basics of their fields of specialization that are part of transdisciplinary culture studies. 
授業計画
Course
Schedule
1. 超域文化学ことはじめ:文化とは何か(橋本) 
2. 結婚・家族と文化(橋本) 
3. 宗教・呪術とモダニティ(橋本) 
4. 地図で読む社会と文化(小泉) 
5. 環境と社会の空間的理解(小泉) 
6. 妖怪から見る日本社会(市田) 
7. 民俗宗教からみる日本社会(市田) 
8. 多文化社会アメリカの政治(松原) 
9. 多文化社会アメリカの人種(松原) 
10. 建築と文化(服部) 
11. 建築と歴史(服部) 
12. 人類の起源と拡散(丸山) 
13. 農業の起源と農耕文化論(丸山) 
14. 人の移動と多民族社会の形成(丸山) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業中に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の小テスト(6回)(100%)
テキスト
Textbooks
授業中に指示する場合がある。
参考文献
Readings
適宜、授業中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP