シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/入門演習 B1c
(Introductory Seminars B1c) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
英米の詩と映画 
担当者 (Instructor) 澤入 要仁(SAWAIRI YOJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 7301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EAL1310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AM013 



授業の
目標
Course
Objectives
・カリキュラム・マップに示された「読解力」、「議論」、「レポート」の実力を高めながら「文学を読む悦び」を体験できるよう、映画を通して英米詩の世界を探ります。
・文学、とくに詩がもつ力を体感します。 
This course will deepen student understanding of British and American poetry through film as well as improve reading comprehension, debate, and report writing skills as outlined in the curriculum map.
Students will also experience the joy and power of literature, and more specifically, poetry. 
授業の
内容
Course
Contents
 アメリカの青春映画Dead Poets Society(邦題『いまを生きる』)には、たくさんの英語の詩が使われています。それらの詩は登場人物の若者たちにとって、ときに人生の指針となり、ときに楽しい遊び道具となっているのです。
 そこで本演習では、映画のシナリオを読みながら、そこに使われている英語の詩をくわしく学び、それらが登場人物たちにどのような影響を与えたのか探ります。
 本演習は、あらかじめ定められた担当者が、担当範囲のあらすじ、重要箇所、難解箇所、詩人紹介、詩の紹介、感想等をハンドアウトに基づいて発表することによって進められます。
 なお授業最終回までにJ.D.Salinger, The Catcher in the Ryeを各自で読み、2400字のレポートを書きます。映画と同じく青春の物語です。 
 The American youth film Dead Poets Society (Japanese translation『いまを生きる』) uses English poetry in many scenes. Sometimes, these poems guide the young characters through life; other times, they become toys to enjoy.
 In this course, students will be reading the screenplay for the film, study the poems used in it, and deepen their understanding for how those poems affected the characters.
 Students will also be assigned to summarize passages, identify important points and difficult phrases, introduce poets, introduce poems, and offer their opinions in handouts and present to the class.
 In addition to in-class work, J.D. Salinger’s The Catcher in the Rye will also be assigned, and students will write a 2,400 character report about the work. Just like the film, The Catcher in the Rye is also a youth story. 
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction・英詩の基本 
2. アメリカのプレップ・スクール 
3. ウォルト・ホイットマン 1 
4. ロバート・へリック 
5. ウォルト・ホイットマン 2 
6. ヘンリー・デイヴィッド・ソロー 
7. アルフレッド・テニソン 
8. ヴェイチェル・リンジー 
9. ロバート・フロスト 
10. ウィリアム・シェイクスピア 1 
11. ジョージ・バイロン 
12. ウィリアム・シェイクスピア 2 
13. Salinger, The Catcher in the Rye 
14. Recapitulation 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 準備学習の指示は、履修登録完了後にオンラインでおこないます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表・応答(60%) 、課題図書(40%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布します。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. クラインバウム  『いまを生きる』   新潮文庫  1990  4102221026 
2. ピーター・ウィアー監督  『DVD『いまを生きる』   ブエナ・ビスタ  2006  VWDS-3071 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP