シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/入門講義 2
(Introductory Lectures 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
英米文学入門 
担当者 (Instructor) 澤入 要仁(SAWAIRI YOJI)
小山 太一(KOYAMA TAICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 8201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EAL1300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AM092 



授業の
目標
Course
Objectives
英文学と米文学それぞれの重要作家や課題を紹介しながら、英米文学専修における学びの可能性を明らかにし、2年次以降の学習への基礎を形作る。 
This course will introduce students to important authors and topics from English and American literature. Students will also learn about the potential of the Course in English and American Literature and prepare fundamental skills for second year studies and beyond.  
授業の
内容
Course
Contents
学期の前半は小山が英文学、後半は澤入が米文学の重要な主題について、授業計画に挙げた順序で講義する。できるだけ実際の作品に触れるように努め、詩の朗読テープや代表作の映画化作品なども活用する。理解度を確かめるために、授業内に数回小テストを実施する。 
Prof. Koyama will teach important themes of English literature in the first half of the semester, and Prof. Sawairi will teach important themes of American literature in the second half of the semester. Lectures will take place in the order outlined in the class syllabus. Every effort will be made to have students interact with the works featured in class including listening to readings of poetry and watching film adaptations. A few quizzes will be given during classes to confirm student understand of class content. 
授業計画
Course
Schedule
1. 共同でイントロダクション 
2. シェイクスピアと近代的自我――『リチャード三世』 
3. 小説の興隆と市民性――『ロビンソン・クルーソー』 
4. 社会性か自我か、それが問題だ――『知性と感性』および「西風のオード」+小テスト 
5. ヴィクトリア朝の光と影――『大いなる遺産』 
6. コロニアリズムと懐疑主義――「王になろうとした男」および「進歩の前哨基地」 
7. 拡散する〈英〉文学――『真夜中の子供たち』+小テスト 
8. アメリカの理念――「独立宣言」および『草の葉』 
9. 荒野と文明――『自然』および『ハックルベリー・フィンの冒険』 
10. アメリカン・ドリーム――『フランクリン自伝』および『偉大なるギャツビー』+小テスト 
11. 暴力――「市民としての反抗」および「どこへ行くの、どこにいたの?」 
12. 奴隷制・マイノリティ――『アンクル・トムの小屋』および『アメリカの息子』 
13. ジェンダー・セクシュアリティ――『緋文字』『カラー・パープル』+小テスト 
14. 共同でテスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業プリントの中身を復習し、授業中に言及された文献等を参照すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
授業内小テスト(40%)
備考(Notes)
英米共同の学期末試験(60%)、授業内小テスト(40%)の配分で、それぞれの担当者が個別に出した評価を合算して評価を行なう。4回以上の欠席は単位取得不可。
テキスト
Textbooks
毎回プリントを配布する。
参考文献
Readings
必要に応じて授業時に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業内小テストの際に代理回答その他の不正が発覚した場合には単位取得が不可能になる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP