シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習 B12
(Seminars B12) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
#MeToo文学ことはじめ(2) 
担当者 (Instructor) 新田 啓子(NITTA KEIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) 6305(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EAL3813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 申込カード記入用科目コード:AM111 
テキスト用コード (Text Code) AM112 



授業の
目標
Course
Objectives
作品解釈能力と英語力を向上すべく、数編の短編小説とその関連文献を丁寧に読み、その内容を分析すると同時に、アメリカ文学に関するより広範な知識を修得する。 
This seminar intends to read several short stories and related proses closely and analyze their narratives and stories. In so doing, students are required to broaden their knowledge of American literary modes and themes, in addition to improve their reading as well as analytical skills. 
授業の
内容
Course
Contents
2017年、アメリカでは#MeTooと呼ばれる運動が進展し、性暴力やハラスメントにより女性や性的マイノリティを支配してきた者たちを公に弾劾して成果をあげた。多くの国に広がった運動は、しかし、フェミニズムの諸潮流による歴史的主張の実践であり、文学にも今日的な争点がすでに脈々と描かれてきた。これを受け、現在アメリカでは#MeTooという枠組みから、文学における家父長制批判の潮流を整理する試みが進んでいる。本演習はそれに呼応し、「#MeToo文学」と呼べる作品を体系的に分析し、文学が問題化するジェンダーの諸モードを理解することを目的とする。このセクションでは、アメリカ・フェミニストの草分けとして名高いCharlotte Perkins Gilmanのテクストに描かれる多様な問題を分析したのち、より近年の作家の作品を読むことで、性的異議申し立てにおける文学の中心性を確認する。 
Since 2017, a huge explosion of the movement called #MeToo has riveted public attention to those who attempt to control women and minorities by sexual violence, abuse, and harassments, and promoted critical awareness to their criminality. The movement having spread worldwide is, however, a present-day practice giving voice to historical arguments which a variety of authors have already dramatized in their literary works. Thus, #MeToo is now also understood as a literary framework that enables us to grasp a feminist intellectual tradition having critiqued patriarchy and misogyny. In response to this trend, this seminar aims to systematically read various related works and eventually envision the body of American #MeToo literature, while examining its feminist critical possibility. In this section, students are assigned to read various stories by Charlotte Perkins Gilman, an acclaimed pioneer of American feminism, and important pieces by more recent women authors, together with a male author's representation of sexual politics. Through the analysis of those texts, students are required to understand the major role of literature in the field of gender dissent. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業内容の説明・発表分担 
2. Charlotte Perkins Gilman (1) 
3. Charlotte Perkins Gilman (2) 
4. Charlotte Perkins Gilman (3) 
5. Charlotte Perkins Gilman (4) 
6. Charlotte Perkins Gilman (5) 
7. Charlotte Perkins Gilman (6) 
8. 映像演習(1) 
9. 映像演習(2) 
10. Alice Walker 
11. Joyce Carol Oats 
12. Raymond Carver 
13. グループワーク(1) 
14. グループワーク(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class

授業は主として、初回に決定する担当者のハンドアウトに基づいた発表を核として進められる。各自2回の発表には特段に慎重な準備が要請されることはいうまでもない。発表に当たっていない者も、予習に基づいた討議への参加が義務づけられる。課題は、学期末に提出する作品論(4000字〜6000字)である。なお、演習である本授業への出席は必須である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び討議への貢献度(30%) 、発表時の準備状況(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Gilman, Charlotte  The Yellow Wallpaper and Other Stories   Oxford  2009  978-0199538843 
その他(Others)
Walker, Oats, Carverについてはプリントを配布。
参考文献
Readings
クラスで適宜指示。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
本演習は、秋学期に連続して開講される演習B11とセットでしか履修することはできない。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP