シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習 B16
(Seminars B16) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
トランセンデンタリズムの果実: その代表的な詩作を読む 
担当者 (Instructor) 澤入 要仁(SAWAIRI YOJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 7201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EAL3813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 申込カード記入用科目コード:AM115 
テキスト用コード (Text Code) AM116 



授業の
目標
Course
Objectives
 春学期に学んだように、19世紀アメリカの詩の隆盛をみちびいたのはロマン主義詩人たちの活躍でした。けれども、アメリカらしい新しいロマン主義が展開するのはトランセンデンタリストたちの出現を待たなければなりませんでした。
 そこで本演習では、トランセンデンタリストたちの詩作を取りあげ、時に風変わりなその特徴を味わうことによって、カリキュラム・マップに示された「英米文学の知識と方法論を総合」し、高度な「議論・発表・レポート作成」を実現することを目指します。  
As discussed in the Spring semester, romantic poets guided American poetry to its bloom. But it was transcendental poets that enabled American poetry to bear fruit, a distinctive fruit distinguishable from that of England.
In this course, students will experience the world of transcendental poetry through understanding their poetic devices and imagination. Students will also work towards the goals of gaining a general understanding of British and American literary methodology and being able to produce high quality, critical presentations and reports as outlined in the Curriculum Map. 
授業の
内容
Course
Contents
 本演習には、女性詩人オズグッドや『白鯨』で知られる作家メルヴィル等、一般的にはトランセンデンタリストに分類されない文人の作品も含まれています。けれども、19世紀アメリカ詩の横幅や奥行きを示してくれる好例として、それらの秀作も集めました。なお詩人たちを取り巻いていたアメリカの文化や社会についてもしばしば光を当ててゆきます。文化や社会が理解できなければ、文学を理解したことにはなりません。
 本演習は、あらかじめ定められた担当者がハンドアウトに基づいて発表することによって進められます。担当でない参加者もみずからすすんで翫味しなければなりません。 
This seminar contains even those poets who are not usually categorized as transcendental. But they are also included to show the width and depth of American romanticism. Students will learn about the American culture and society that surrounded transcendental poets and their works. If one cannot understand the cultural and societal context, they cannot understand its literature.
In this seminar, students will produce handouts based on assigned works and present to the class. Those not presenting must be active and willing participants in appreciating each work. 
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction
19世紀アメリカ文化史 
2. トランセンデンタリズムとは何か 
3. Ralph Waldo Emerson
“The Snow-Storm”
“Brahma” 
4. Ralph Waldo Emerson
“Each and All”
“Days” 
5. Jones Very
“The New Birth”
“The Dead” 
6. Jones Very
“The Prayer”
“The Columbine” 
7. Henry David Thoreau
“Sic Vita”
“Fog” 
8. Henry David Thoreau
“The Inward Morning”
“(Light-winged) Smoke” 
9. Frances Sargent Osgood
“Won’t you die & be a spirit”
“The Lady’s Mistake” 
10. Walt Whitman
“Song of Myself,” section 1
“Song of Myself,” section 21 
11. Walt Whitman
“Song of Myself,” section 11
“Song of Myself,” section 52 
12. Herman Melville
“Dupont’s Round Fight”
“Pebbles” 
13. Herman Melville
“In a Bye-Canal”
“Shiloh” 
14. Recapitulation 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習の指示は、履修登録完了後にオンラインでおこないます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表・応答(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
プリントを配付します。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. John Hollander, ed.  American Poetry: The Nineteenth Century, vol. 1   The Library of America  1993  0940450607 
2. John Hollander, ed.  American Poetry: The Nineteenth Century, vol. 2   The Library of America  1993  094045078X 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP