シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/入門演習 C1a
(Introductive Seminars in German Studies C1a) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 古矢 晋一(FURUYA SHINICHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) D601(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GRL1810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AN011 



授業の
目標
Course
Objectives
ドイツ語圏の文学,文化,言語を学ぶための基礎知識を習得しながら,ドイツ文学専修で学習していくのに必要なさまざまな技術や方法の基本を学ぶ。 
Students will learn about foundation of literature, culture, and language in German speaking areas. These will form the basics of techniques and methods used in course in German literature. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期に並行履修する講義科目「ドイツ語圏文化概論1」のプロトコル(記録)のまとめ方,学術的な概説書(新書)を的確に理解し,要約する技術,口頭発表の方法,学問的な質疑応答のやり方の基礎,参考書を使用した自主的な学習の方法,レポート作成法などを指導する。
授業では毎回指名された担当者がテキスト(新書)の内容についてまとめ、参加者全員で議論・批評を行う。詳細は第1回目の授業で説明する。また「ドイツ語圏文化概論1」の1回分の講義内容のプロトコルを作成・提出してもらう。その際,1.講義内容のノートの取り方,2.講義内容を文章にまとめる上での注意事項,3.論理的で正確な報告文の文法と語彙,4.文書作成ソフトの操作,5.聞き手の興味を喚起するための口頭発表のパフォーマンス,6.情報を正しく引き出すための質疑の方法などを訓練する。なお,討論における発言をもって出席と認めるので,積極的な参加が不可欠であることを銘記してほしい。また,高校の世界史の学習内容を「ドイツ語圏文化概論1」と関連づけるために,最終レポート課題を課す。さらに,秋学期の入門演習C2a~cの準備として,夏休みの課題を課す。 
Students will receive instructions on techniques used to summarize Introduction to Cultures in German Speaking Areas 1, taken simultaneously during spring semester, in protocols (records). Students will also receive instructions on oral presentation method, foundation of conducting scholarly Q&A, and self-driven learning methods by using reference books.
In this class, all class members will study specific parts of their textbooks before lesson. Each time, selected members will lead discussion and critique about that specific parts. Students will create and submit protocols for one lesson of Introduction to Cultures in German Speaking Areas 1. Students will train their abilities in: 1. Methods to take notes during the class; 2. Cautions when summarizing lesson details in texts; 3. Theoretically correct grammars and vocabularies in report writing; 4. Methods to create documents on their personal computers; 5. Performance during oral presentation to incite interests in others; 6. Methods to ask questions to draw out information correctly. In addition, students should bear in mind that expressing their opinions during discussion and proactive participation are required for attendance records. Furthermore, reference books will be specified for students’ final assignment to connect Introduction to Cultures in German Speaking Areas 1 and lessons learnt in high school world history class. In addition, students will receive assignments for summer holiday as preparation for Introductory Seminars C2a-c during autumn semester. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 学生発表(1) 
3. 学生発表(2) 
4. 学生発表(3) 
5. 学生発表(4) 
6. 学生発表(5) 
7. 学生発表(6) 
8. 学生発表(7) 
9. 学生発表(8) 
10. 学生発表(9) 
11. 学生発表(10) 
12. 学生発表(11) 
13. 学生発表(12) 
14. 学生発表(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
担当する文献を読み込み,「ドイツ語圏文化概論1」の講義を理解すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プロトコル作成と口頭発表(40%) 、授業への出席と質疑応答への参加度(30%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
備考(Notes)
正当な理由のない欠席3回でもって成績評価の対象とならなくなる。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 須澤通・井出万秀  『ドイツ語史』   郁文堂 3,500円     
その他(Others)
プロトコル用テクスト:『ドイツ語史』
口頭発表用テクスト:別表のリスト参照。
*須澤・井出『ドイツ語史』はドイツ語圏文化概論1でも使用する。口頭発表用テクストのリストは、4月のガイダンス時に配布する。
参考文献
Readings
「ドイツ語圏文化概論1」の講義資料と授業で配布するプロトコル(プリント)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP