シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習 C8
(Seminars C8) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
言語文化 
担当者 (Instructor) 井出 万秀(IDE MANSHU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) 6209(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GRL3810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AN108 



授業の
目標
Course
Objectives
『ドイツ記憶の場』を通して歴史的アイテムの評価が歴史を通じてどのように変化してきたかを探求する。それと並行して、テキストの読解課題、口頭練習も毎回行う。 
Through "Sites of Memory in Germany", students will look for changes in valuation of historical items with passage of time. Skil up of reading ability will be continued like spring semester. 
授業の
内容
Course
Contents
ゼミ形式で行う。『ドイツ記憶の場』収録の論文の担当箇所を発表する。また同時に毎週の課題を提出する。 
Seminar format will be used. Students will be assigned specific parts of thesis found in "Sites of Memory in Germany". At the same time, students will submit their weekly assignments. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 『ドイツ記憶の場』テーマ1a 
3. 『ドイツ記憶の場』テーマ1b 
4. 『ドイツ記憶の場』テーマ1c 
5. 『ドイツ記憶の場』テーマ1d 
6. 『ドイツ記憶の場』テーマ2a 
7. 『ドイツ記憶の場』テーマ2b 
8. 『ドイツ記憶の場』テーマ2c 
9. 『ドイツ記憶の場』テーマ2d 
10. 『ドイツ記憶の場』テーマ3a 
11. 『ドイツ記憶の場』テーマ3b 
12. 『ドイツ記憶の場』テーマ3c 
13. 『ドイツ記憶の場』テーマ3d 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
課題を毎週提出する。
休暇中も課題がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、発表(30%) 、課題(40%)
備考(Notes)
正当な理由なく、欠席が3回になると成績評価の対象とならなくなる。
テキスト
Textbooks
演習C7で配布・分担
参考文献
Readings
随時指示
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP