シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/入門演習 D1a
(Introductive Seminars in French D1a) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フランスとは何かを考える 
担当者 (Instructor) 横山 安由美(YOKOYAMA AYUMI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 6401(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
FRL1310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AS011 



授業の
目標
Course
Objectives
専門教育に向けて,フランスの社会や文化についての基礎的な知識を学ぶ。また文献検索や発表の手法、レポート等の書き方を学ぶ。 
Students will acquire basic knowledge about French society and culture to prepare themselves for specialized subjects. In addition, students will learn how to write reports, search, and present literatures. 
授業の
内容
Course
Contents
フランスがどのような国なのか,政治,経済,宗教,文化などの分野からいくつかのテーマをとりあげ,日本と比較しながらその特徴を探っていきます。配布資料を議論の出発点とします。受講者はグループにわかれ,各グループが指定されたテーマについて調査・発表をします。発表をもとに,クラス全員で意見を交換し,さらに理解を深めていきます。
また図書館やインターネットでの資料検索の仕方,発表の方法などを学びます。学期末には各自が関心のあるテーマを選び,レポートにまとめ提出してもらいます。 
Students will be exposed to several areas including politics, economy, religion, and culture to help them learn about France as a country. Students will compare France and Japan in these areas and search for its characteristics. Discussions will be held based on distributed materials. Students will be divided into groups. Each group will research and present specific subjects. Based on these presentations, all class members will exchange their opinions to further deepen their understandings.
Furthermore, students will learn how to search for information in library and online, as well as doing presentation. At the end of semester, students will select subjects they are interested in and submit their findings in reports. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入授業。 
2. 演習作業1。 
3. 演習作業2。 
4. 演習作業3。 
5. 演習作業4。 
6. 演習作業5。 
7. 中間総括。 
8. 発表1。 
9. 発表2。 
10. 発表3。 
11. 演習作業6。 
12. 演習作業7。 
13. 演習作業8。 
14. 総括。レポート提出。 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
指示されたテクストを熟読し、さらには自分の担当する報告、最終レポートに向けて資料調査を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(40%) 、課題(30%) 、発表(30%)
テキスト
Textbooks
資料配布。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 朝比奈美知子他  『フランス文化55のキーワード』   ミネルヴァ書房  2011  4623060152 
2. 田村毅他  『フランス文化事典』   丸善  2012  4621085220 
その他(Others)
初回の授業の際に指示(プリント配布)。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
Master of presentation, Master of writing
https://www.rikkyo.ac.jp/about/activities/fd/qo9edr0000005dbr-att/MasterofPresentation.pdf
https://www.rikkyo.ac.jp/about/activities/fd/qo9edr0000005dbr-att/MasterofWriting.pdf 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP