シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/フランス語基礎演習 2c
(Preliminary Seminars in French 2c) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フランス語口頭表現 
担当者 (Instructor) バレイユ,L.(BAREILLE LAURENT) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 7202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
FRL2412 
使用言語
(Language)
日英以外(Other than Japanese or English) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AS043 



授業の
目標
Course
Objectives
初年度の学習に引き続き、フランス語会話(パターンと語彙)の基礎的な訓練、 発音練習、 語彙の習得をおこなう。 
Following learning in year 1, students will practice basic French conversation (pattern and vocabulary), pronunciation, and vocabulary. 
授業の
内容
Course
Contents
フランス語を母語とする教員が担当する週1コマの授業である。
専門科目の履修に必要な、 聴く力、 話す力、 書く力の基礎を身につけるための重要な科目であるため、 毎週の予習と復習はもちろんのこと、 授業中も積極的な参加が求められる。 
This class is held once a week by native French professor.
This subject is critical for students to acquire basic ability to listen, speak, and write, which are required for studies of specialized subjects. Other than studying before and after class, students must also participate in class actively. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業の紹介ー発音の復習 ー 第1ユニット : S'engager ; 第1課 : Bien sûr 
2. 第1課(続き) 
3. 第2課 : Votre santé 
4. 第3課 : S'investir 
5. 第4課 : Sentiments ; Culture : François Truffaut 
6. 第2ユニット : Voyager ; 第5課 : Sympa, ce site ! 
7. 第6課 : A louer 
8. 第7課 : Le plus cher ! 
9. 第8課 : Vite dit ! Culture : Nice 
10. 第3ユニット : Raconter ; 第9課 : C'était étonnant 
11. 第10課 : Camille Claudel 
12. 第11課 : Changement de vie 
13. 第12課 : Un café ? ; Culture : Le Royal Deluxe 
14. 口頭試問 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業のはじめに前回の内容確認を行う。 授業参加として評価の対象にもなるので、 復習した上で授業に臨むようにすること。すなわち、口頭表現の授業であるので、これらが成績評価に大きく影響する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
口頭試問(40%) 、出席および授業参加度(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Jean-Thierry Le Bougnec&Marie-José Lopes  Totem-2   Hachette Japon    9782011560551 
その他(Others)
必要に応じてプリントを作成し配布する。
繰り返しになるが、口頭表現の授業であるため、授業内での「応答」に対応できるように、じゅうぶんに予習・復習をしておくこと。これが成績評価に大きく影響する。
参考文献
Readings
授業に持参すべき参考文献・辞書等について一回目の授業で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP