シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習 D9
(Seminars D9) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
実存主義と現代文化・文学 
担当者 (Instructor) 澤田 直(SAWADA NAO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) D601(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
FRL3813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AS109 



授業の
目標
Course
Objectives
アルベール・カミュの小説カミュ『異邦人』と『ペスト』(新潮文庫)を出発点として、現代思想の問題について考える。 
Students will learn the French thinking style and think about actual problems by reading of Albert Camus's novels: "L'Etranger" and "La Peste". 
授業の
内容
Course
Contents
小説『異邦人』と『ペスト』は、我々が直面する不条理の世界について考察したものであり、現代社会にも通じる様々な問題を含んでいる。カミュの理論的考察を出発点として、フランスと日本の現代社会に関わる諸問題について考えることにしたい。
導入の講義につづき、作品を少しずつ読んでいく。その際にグループに分かれて、内容に関しての討議を行い、最終的には発表を行う。 
Through various subjects found in Camus's novels "L'Etranger" and "La Peste", students will think about actual problems.
In addition to introductory lectures, multiple readings, and assignments, students will also create group presentations.  
授業計画
Course
Schedule
1. カミュ 導入授業 1 
2. カミュ 導入授業 2 
3. 『異邦人』読後感想 
4. 『異邦人』精読1 
5. 『異邦人』精読2 
6. 『異邦人』精読3 
7. 中間のまとめ 
8. 『ペスト』読後感想 
9. 『ペスト』精読1 
10. 『ペスト』精読2 
11. 『ペスト』精読3 
12. 発表1 
13. 発表2 
14. 最終総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講者は、必ず事前にテキストを読んだ上で授業に臨むこと。また、授業中には、積極的な参加をすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業参加(30%) 、授業内発表(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. アルベール・カミュ  『異邦人』   新潮文庫     
2. アルベール・カミュ  『ペスト』   新潮文庫     
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP