シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AS218/フランス文学・文化演習10
(Seminars in French Literature and Culture 10) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ボーヴォワールなど女性学の名著を読む 
担当者 (Instructor) 横山 安由美(YOKOYAMA AYUMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 1202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
FRL3213 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AS218 



授業の
目標
Course
Objectives
ボーヴォワールを初めとする女性学の重要文献をフランス語で読み、理論の概要を理解する 
Read the important works of feminism (Beauvoir etc.) and comprehend the theory. 
授業の
内容
Course
Contents
「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」で有名なボーヴォワールの『第二の性』« Le deuxième sexe » をフランス語で精読し、ジェンダーや構築主義などの理論に親しむ。同書は理論ばかりでなくて、文学や著者の実体験を通して思春期の娘の心理などを巧みに分析している点にも注目したい。補足的にマノン・ガルシアの『生まれつき服従する女はいない』、ピエール・ブルデューの『男性支配』、フランソワーズ・エリチエ『男性的なもの/女性的なもの』なども読みたい。授業の進度に応じて内容の調整を行う。 
In this class, we will read in French « Le deuxième sexe » of Simone de Beauvoir, who declared “On ne naît pas femme: on le devient.”, and understand her theory such as “gender” and “social constructionism”. This work also describes concretely the psychology of adolescent women. We will read additionally other feminism works like « On ne naît pas soumise, on le devient » of Manon Garcia and « La Domination masculine » of Pierre Bourdieu. 
授業計画
Course
Schedule
1. 女性学概説 
2. ボーヴォワール概説 
3. ガルシア、ブルデュー概説 
4. 講読1 
5. 講読2 
6. 講読3 
7. 講読4 
8. 講読5 
9. 講読6 
10. 講読7 
11. 講読8 
12. 講読9 
13. 講読10 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講読形式の授業のため、毎回事前の予習が必要 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、授業参加度(50%) 、提出物等(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Beauvoir  Le deuxième sexe I,II   Gallimard  1949  207032351X 
その他(Others)
講読箇所についてはプリントを配布。
参考文献
Readings
授業中に適宜指示
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
当初はオンラインで実施し、履修者と相談しながら対面授業を実施する。

学科・専修にかかわらず、女性学に関心があって原文を読む意欲のある学生の受講を歓迎します。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP