シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/日本文学研究法
(Preliminary Studies in Japanese Literature) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本語・日本文学の研究に関する方法を学ぶ 
担当者 (Instructor) 加藤 睦(KATOU MUTSUMI)
平井 吾門(HIRAI AMON)
平澤 卓也(HIRASAWA TAKUYA)
井野 葉子(INO YOKO)
石川 巧(ISHIKAWA TAKUMI)
鈴木 彰(SUZUKI AKIRA)
川崎 賢子(KAWASAKI KENKO)
水谷 隆之(MIZUTANI TAKAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) A304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
JAL1300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AT091 



授業の
目標
Course
Objectives
日本語・日本文学を研究するための方法をわかりやすく解説し、日本文学専修の学生に必要なスキルを身につけさせる。 
The class will provide easily understood explanations of methods for researching Japanese language and literature, and give students the skills required for students of Course in Japanese Literature. 
授業の
内容
Course
Contents
日本とは何か、日本語・日本文学とは何か、それを学ぶことの意義やおもしろさはどこにあるのかを幅広い観点から講義する。実際の授業は、毎回、日本文学専修の専任教員が交替で行う。資料はその都度用意する。毎回、コメントあるいは小レポートを提出してもらう。 
Lectures will take wide-ranging perspectives on the questions of what Japan is, what the Japanese language and literature are, and where the significance and interest lie in learning about these. Actual classes will alternate each session among full-time faculty members in the Course in Japanese Literature. Materials will be prepared each time. Students will submit comments or short reports each session. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 講義1 
3. 講義2 
4. 講義3 
5. 講義4 
6. 講義5 
7. 講義6 
8. 講義7 
9. 講義8 
10. 講義9 
11. 講義10 
12. 講義11 
13. 講義12 
14. 講義13 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各担当者の指示に従い、コメントまたは小レポートを作成し提出すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、平常点(コメント、小レポートを含む)(60%)
備考(Notes)
最終レポートは、講義1~13のうち最も印象に残った講義で扱われた問題に関しての考察を求める。
テキスト
Textbooks
資料を配布する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP