シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AT119/演習 E19
(Seminars E19) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
昭和モダニズム期における文学と映画 
担当者 (Instructor) 川崎 賢子(KAWASAKI KENKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 4407(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
JAL2310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AT119 



授業の
目標
Course
Objectives
昭和モダニズム期における文学と映画の相関関係から、どのように新しい表現が生まれたかを考察する 
This course introduces relationship between literature and film during the Showa Modernism period. 
授業の
内容
Course
Contents
関東大震災以後、昭和モダニズム期における新たな表現を生み出した小説を読む。特に文学と映画とのメディアの越境と交渉を特徴的に示すテクストを取り上げる。
参加者と対話しながら授業を進める。
キーワードはメディアミックス、モダニズム、表現主義 
Tanizaki Junichiro and Osaki Midori are both literary figures who make full use of experimental expressions, and are known for their deep knowledge of movies. The students read the literature of the Showa Modernism period after the Great Kanto Earthquake. In particular, the relationship between literature and film will be discussed by taking up texts that characterize cross-border and mutual negotiations between the media.
This course proceeds with the exercise class while interacting with the participants.
Keywords are media mix, modernism, expressionism 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 模擬発表 
3. 学生による研究発表 
4. 学生による研究発表 
5. 学生による研究発表 
6. 学生による研究発表 
7. 学生による研究発表 
8. 学生による研究発表 
9. 学生による研究発表 
10. 学生による研究発表 
11. 学生による研究発表 
12. 学生による研究発表 
13. 学生による研究発表 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
テクストをあらかじめ読了しておく。
発表に備えて調査し、レジュメを作成する。
授業でもたらされた知見、コメントを生かして最終レポートを執筆する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
担当作品についてのプレゼンテーション(25%) 、授業中のディスカッションへの参加(25%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 尾崎翠  『第七官界彷徨・琉璃玉の耳輪』その他4編   岩波文庫  2014   
2. 谷崎潤一郎  『潤一郎ラビリンス11銀幕の彼方』   中公文庫  1999  4122033837 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
【4/8追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等は立教時間に掲載するので必ず事前に確認すること。 


PAGE TOP