シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AT120/演習 E20
(Seminars E20) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現代文学を読む 
担当者 (Instructor) 川崎 賢子(KAWASAKI KENKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 7202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
JAL2310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AT120 



授業の
目標
Course
Objectives
現代文学を読む。特にグローバリズムの中の日本文学について、自然環境及び社会環境の変容 
The novelists featured in the class are Murakami Haruki, Kawakami Hiromi, and Tawada Yoko.
Keywords are animals, magic realism, dystopia 
授業の
内容
Course
Contents
参加者はテクストを読破し、レジュメを作成して発表にのぞみ、ディスカッションの成果を生かして最終レポートを作成する。
授業は発表、ディスカッション、コメントによって参加者と対話しながら進める。
キーワードは動物、マジック・リアリズム、ディストピア 
Murakami Haruki, Kawakami Hiromi, and Tawada Yoko are all internationally acclaimed novelists of "world literature."
This course deal with reading their contemporary literature. The participants consider Japanese literature in globalism, the transformation of the natural environment and literature, and the literature and animal representations of the new era.

This class emphasizes dialogue with participants.
Keywords are animals, magic realism, dystopia 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 模擬発表 
3. 学生による研究発表 
4. 学生による研究発表 
5. 学生による研究発表 
6. 学生による研究発表 
7. 学生による研究発表 
8. 学生による研究発表 
9. 学生による研究発表 
10. 学生による研究発表 
11. 学生による研究発表 
12. 学生による研究発表 
13. 学生による研究発表 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
課題のテクストを読了する
調査し、レジュメを作成して、担当作品の研究発表にのぞむ
授業におけるディスカッション、コメントを生かして最終レポートを作成する 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
担当作品の発表(25%) 、授業におけるディスカッションへの参加(25%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 村上春樹  『カンガルー日和』   講談社文庫  1986  406183858X 
2. 川上弘美  『神様』   中公文庫  2001  4122039053 
3. 多和田葉子  『献灯使』   講談社文庫  2017  406293728X 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP