シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AT332/文学講義 332
(Lectures on Literature 332) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
近現代日本文学2 
担当者 (Instructor) 川崎 賢子(KAWASAKI KENKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 9号館大(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
JAL2300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AT332 



授業の
目標
Course
Objectives
文学と映画、そして諸芸術の相互交渉からどんな表現が生まれたかを学ぶ。
特に文学と映画、演劇、古典芸能、サブカルチャーなどとの関係について考える。 
This course introduces interrelationship between literature and film, theater, classical performing arts, subculture, etc. 
授業の
内容
Course
Contents
こんな時だから、文学と映画と諸芸術!
Youtube , amazonプライムなどを駆使して、こんな時代だからこそ映画を見よう。
そして映画と文学について考えよう。
日本映画の巨匠たち--山中貞雄、小津安二郎、黒澤明、溝口健二、市川崑、増村保造らからジブリまで、歴史を辿って考える。いずれの作品も映画に止まらない、隣接諸芸術、古典芸能との豊かな交渉を読解することができる。
また新しいメディアと感性が、文学に何をもたらしたかについても考える。
キーワードは、モダニズム、古典の現代化、つくられた伝統、メディアミックス 
In this course, participants watch movies using tools such as Youtube and Amazon Prime.
And in this course, participants deepen their thoughts on representation and narrative about film and literature. In particular, the aim of this course is to learn deeply about the relationship between Japanese film masters such as Yamanaka Sadao, Mizoguchi Kenji, Ozu Yasujiro, and Kurosawa Akira, and the adjacent arts (literature, painting art, theater). Also consider the relationship between classical performing arts such as Noh, Kabuki, and Bunraku, and movies and literature.
Also students acquire the possibilities of internationally acclaimed Japanese films.
Keywords are modernism, modernization of classics, created traditions, media mix 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 「東京オリンピック」と映画と肉体 
3. 「ゴジラ」から「シン・ゴジラ」まで 
4. 「人情紙風船」と歌舞伎の世界 
5. 「晩春」と能楽 
6. 「蜘蛛の巣城」とシェイクスピアそして能楽 
7. 「近松物語」と音楽 
8. 「曽根崎心中」と古典の現代化 
9. 「忠臣蔵」1 文楽と歌舞伎と 
10. 「忠臣蔵」2 能楽と 
11. 「四谷怪談」 「忠臣蔵」と表裏の世界 
12. 「千と千尋の神隠し」 ジブリ・アニメと「異界」の論理 
13. 「君の名は。」 滅亡の可視化について 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
指定された映画を全編見ておく
映画を見てリアクションペーパーを書く
最終レポートを執筆する 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
リアクションペーパー(50%)
テキスト
Textbooks
Amazonプライムを駆使して映像に触れますので、加入してください。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
川崎賢子が編集委員を務める20世紀メディア研究所のサイトです。
https://www.waseda.jp/prj-m20th/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP