シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/入門演習 F1c
(Introductory Seminars F1c) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
近現代文学を読む 
担当者 (Instructor) 福嶋 亮大(FUKUSHIMA RYOTA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 6209(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PCW1810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AU013 



授業の
目標
Course
Objectives
主に日本文学の代表作を評論とともに読み解く。文学および評論を読む勘所を養いつつ、レジュメ作成や図書館での文献探索の方法を学ぶことを大きな目標とする。 
Mainly we will read and try to decipher outstanding works of Japanese literature in conjunction with critiques of these works. While developing the vital traits needed to read literature and critiques, our major goal is to learn how to produce a report and search for reference literature at a library. 
授業の
内容
Course
Contents
20世紀文学の様相を大づかみにするために、毎回短い文庫本を一冊ずつ読んでいく。担当者の発表の後にディスカッションを行う。 
In order to broadly cover aspects of twentieth-century literature, we will read a short paperback book in each session. We will conduct a discussion after the designated student’s presentation. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
3. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
4. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
5. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
6. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
7. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
8. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
9. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
10. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
11. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
12. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
13. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
14. 講師の解説&担当者発表&ディスカッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回、短い文庫本を一冊読んで、ミニレポートを提出してもらう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業の参加度(30%) 、発表内容(30%) 、毎回の課題提出(40%)
備考(Notes)
四分の一以上の欠席は履修の意図がないものとみなす
テキスト
Textbooks
授業中に指示する
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP