シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/卒業論文(制作)予備演習
(Seminars in Thesis Writing) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 菅野 聡美(KANNO SATOMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 6305(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PCW3810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AU034 



授業の
目標
Course
Objectives
卒業論文ないしそれに準ずる文章を作成するうえで必要な論理的思考と構成力を鍛練する。12000字程度のまとまった文章を作成する。 
Develop the logical thinking and writing skills needed to produce a graduate thesis or equivalent piece of writing. Produce an organized piece of writing of around 12,000 characters. 
授業の
内容
Course
Contents
卒業論文を書く場合も,また卒業制作を作成する場合も, 論理的な文章を読解し,その構造を理解すること,また, みずから論理的な文章を構成し,プレゼンテーションするノウハウを身につけておくことが必要である。本演習では,文章作成上の技術的な作法を学び,自分だけにわかる文章ではなく,読み手を説得することのできる文章を構成する能力の鍛練を目的とする。また,本演習は,卒論やそれに準ずる文章を作成するためのベースを構築する演習であるので,本演習の担当教員と4年次の卒論(制作)指導教員は必ずしも同一でなくてもよい。途中で他の教員のクラスとの合同授業も行う。最終レポートとして卒業論文(制作)予備論文(12000字程度)を提出する。 
Whether you write a graduation thesis or create a graduation piece, it is necessary to develop the know-how to read and comprehend logical texts, understand their structure, compose your own logical text and give a presentation on it. In this seminar we will learn technical rules to follow when writing and aim to cultivate the ability to compose a written text that is not just understandable to yourself, but able to successfully convince others of your argument. Also, this is the seminar for building a base of knowledge on how to write a graduate thesis or equivalent piece of writing. Therefore, the lead lecturer of this seminar does not necessarily need to be the same person as a student’s fourth year graduate thesis (or graduate piece) supervisor. A joint class with another lecturer’s class will also be carried out midway through the course. Students will submit a preliminary graduate thesis (or graduate piece) paper (of around 12,000 characters) as a final report for this seminar. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション:予備論文と卒業論文(制作)とのつながり 
2. 発表と討論1 
3. 発表と討論2 
4. 発表と討論3 
5. 発表と討論4 
6. 合同授業期間1 
7. 合同授業期間2 
8. 合同授業期間3 
9. 合同授業期間4 
10. 合同授業期間5 
11. 発表と討論5 
12. 発表と討論6 
13. 発表と討論7 
14. まとめと卒業論文(制作)予備論文の提出 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自の発表のために、A4版1枚以上の資料を作成する。テーマ、目次案、参考文献表を必ず含むこと。また、教員の指示による宿題も行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(発言回数+発言内容)(40%) 、発表報告内容(20%) 、卒業論文(制作)予備論文(40%)
備考(Notes)
四分の一以上の欠席や遅刻は失格になるので注意!
テキスト
Textbooks
適宜プリントや資料を配布する。
参考文献
Readings
必要があれば授業中に指定する。文献はコピーを配布する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
本授業で制作する予備論文の提出が,4年次の卒業論文(制作)指導演習を履修登録するための前提となるので注意すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP