シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習 F3
(Seminars F3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
文芸評論を読み、書く:平成文学を手がかりとして 
担当者 (Instructor) 福嶋 亮大(FUKUSHIMA RYOTA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 6409(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PCW2810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AU103 



授業の
目標
Course
Objectives
平成の30年間に、文学にはさまざまな変化が起こった。平成文学の適切な理解のためには、理論的なフレームワークを修正する必要がある。この演習では福嶋の『らせん状想像力』を精読し、阿部和重や多和田葉子、小川洋子らの小説を読んだ後に、自分で批評文を書くための基本的なトレーニングをおこなう。 
For thirty years of the Heisei period, various change occurred in the literary field. We need to modify theoretical framework to understand Heisei literature properly, In this seminar, after we will read Ryota Fukushima's "Spiral Imagination" and books by Kazushige Abe, Yoko Tawada and Yoko Ogawa in order to interpret Heisei Literature analytically , we will carry out basic training on how to write a critique of his works. 
授業の
内容
Course
Contents
福嶋の批評を精読した後に、批評文を書くための訓練をおこなう。 
We will read Fukushima's critique analytically and provide training on writing a discussion. 
授業計画
Course
Schedule
1. 担当者の発表&ディスカッション 
2. 担当者の発表&ディスカッション 
3. 担当者の発表&ディスカッション 
4. 担当者の発表&ディスカッション 
5. 担当者の発表&ディスカッション 
6. 担当者の発表&ディスカッション 
7. 担当者の発表&ディスカッション 
8. 担当者の発表&ディスカッション 
9. 担当者の発表&ディスカッション 
10. 担当者の発表&ディスカッション 
11. 担当者の発表&ディスカッション 
12. 担当者の発表&ディスカッション 
13. 担当者の発表&ディスカッション 
14. 担当者の発表&ディスカッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
担当者はレジュメの準備。他の参加者も精読が求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(40%) 、議論への参加度(30%) 、評論の達成度(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 福嶋亮大  『らせん状想像力 平成デモクラシー文学論』   新潮社  2020   
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP