シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習 F26
(Seminars F26) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
大衆文化の想像力の源流を探る 
担当者 (Instructor) 福嶋 亮大(FUKUSHIMA RYOTA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 6409(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PCW3810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AU126 



授業の
目標
Course
Objectives
ドラキュラ、フランケンシュタイン、ジキルとハイド、タイムマシン。これらの形象はアニメや漫画において何度も繰り返し参照されてきた。しかし、オリジナルの作品を精読する機会は意外に多くないようにおもわれる。本演習ではメアリー・シェリー、ブラム・ストーカー、H・G・ウェルズ、エドガー・アラン・ポーらのテクストを読み解くことによって、現代の大衆的想像力の「ふるさと」を探ることを目指す。 
Dracula, Frankenstein, Jekyll and Hyde, and Time Machine. These icons are repeatedly referred in anime and comics. But it seems that we don't have many chances to read original texts closely. In this seminar, we will plan to probe "homeland" of contemporary cultural imagination by covering works by Mary Shelley, E.A. Poe, Bram Stoker Stevenson and H.G. Wells. 
授業の
内容
Course
Contents
毎回一作ずつ文庫本を読んでいく。担当者の発表の後に全員でディスカッション。担当者には毎回課題を出すので、それを踏まえたうえで、レジュメを作成すること。 
Each time we will read a short paperback book. There will be a whole-class discussion after the designated student’s presentation. Each time the designated student will be set an assignment and based on this task they will write a summary report. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 発表者の報告&ディスカッション 
3. 発表者の報告&ディスカッション 
4. 発表者の報告&ディスカッション 
5. 発表者の報告&ディスカッション 
6. 発表者の報告&ディスカッション 
7. 発表者の報告&ディスカッション 
8. 発表者の報告&ディスカッション 
9. 発表者の報告&ディスカッション 
10. 発表者の報告&ディスカッション 
11. 発表者の報告&ディスカッション 
12. 発表者の報告&ディスカッション 
13. 発表者の報告&ディスカッション 
14. 発表者の報告&ディスカッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
担当者はレジュメの準備。他の参加者も課題テクストを精読しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(40%) 、議論への参加度(30%) 、課題提出物(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP