シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AU305/文学講義 405
(Lectures on Literature 405) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
文化翻訳論1 
担当者 (Instructor) 林 みどり(HAYASHI MIDORI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) D501(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PCW2800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AU305 



授業の
目標
Course
Objectives
「アメリカス」はどのように「発明」されたかを考える 
We will focus on the historical abd epistemological process of how the "Americas" were invented. 
授業の
内容
Course
Contents
ラテンアメリカとはいうまでもなく地理的な概念だが、ラテンアメリカを根源的に「他なる場」とみなす考え方は決して所与ではない。それはヨーロッパ(のちにアメリカ合衆国としての「アメリカ」)のカルトグラフィや膨張主義、植民地主義の発明である。本授業では、知の植民地主義の構造とその歴史的な射程を考察する。 
Latin America is obviously a geographical concept, but the idea of Latin America as a distinct place of otherness is not a given concept but an invention of European (and later "American" as United States of America's) cartography, expansionism and colonialism. This course will focus on the structure of colonialism of knowledge and its historical extent. 
授業計画
Course
Schedule
1. 二項対立的な思考の強靱さ、その問題点 
2. コロンブス航海日誌の「謎」 
3. 航海日誌とその周辺 
4. 文化的イマジナリーとしてのネストリウス派 
5. プレスタージョンとは何者か 
6. 「オリエント」表象の広がり 
7. コロンブスの蔵書 
8. グローバル化する「怪物」 
9. テクストの「快楽」を読む 
10. 言語行為と占有 
11. 「アメリカ」とは何か 
12. 北米の場合 
13. USAの脱「アメリカ」化 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で数回クイズを出します。授業のいずれかの段階でレポート(1回ないし複数回)を課します。また授業の最終回に授業内テストを行います。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(30%) 、クイズ(30%) 、レポート(40%)
備考(Notes)
一定度以上の欠席は履修の意志なきものとみなす。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP