シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
AU322/哲学講義 5
(Lectures on Philosophy 5) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現代思想の諸問題1 
担当者 (Instructor) 大熊 玄(OKUMA GEN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)     オンデマンド
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PCW2000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AU322 



授業の
目標
Course
Objectives
社会心理学者エーリヒ・フロム(1900-80)の著作を読み、その鍵概念である「自由」「服従」「愛」「生産的」「悪」「持つ/在る」などを理解し、それらを援用・批判して自分自身と現代社会について思索できるようになること。 
Read written works by social psychologist Erich Fromm (1900-1980) and understand key concepts such as freedom, conformity, love, evil, being productive, and the ideas to have or to be. Become able to support or criticize Fromm’s concepts and contemplate one's own self and modern society. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業は、『自由からの逃走』や『愛するということ』で知られるフロムの著作を通して、学生が単に知識を増やすのではなく、自ら考えてアウトプットしていく、社会心理学および哲学入門となる。各授業は毎回、最初に学生からのコメントメールを紹介し、それに対して講師からコメントや補足説明をするフィードバック応答を行う。その後、以下の「授業計画」にそって(学生の理解度によって変更もありうる)、講師がフロムの思想や概念を(できるだけ平易に)紹介、解説する。 
This class is an introduction to social psychology and philosophy. Through written works by Fromm, who is known for books such as Escape from Freedom and The Art of Loving, students will not merely increase their knowledge, but also think for themselves and produce work based on their opinions. Every time classes will be split into a first half and a second half. In the first half, the lecturer will present comment on emails written by students and provide supplementary explanation. In the second half, the lecturer will introduce Fromm’s thinking and concepts (as simply as possible) in accordance with the lesson plan below (this plan may change based on student feedback). 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス・人物について 
2. 自由からの逃走(1) 自由と個人の解放 
3. 自由からの逃走(2) 宗教改革・近代人の不安と自由 
4. 自由からの逃走(3) 自由からの逃避のメカニズム 
5. 人間における自由(1) 人道主義的倫理とパーソナリティ 
6. 人間における自由(2) 生産的・非生産的「構え」 
7. 人間における自由(3) 道徳的能力 
8. 愛するということ(1) 技術としての愛 
9. 愛するということ(2) 親の愛・性的愛 
10. 愛するということ(3) 自己愛・利己主義 
11. 悪について(1) バイオレンス・ネクロフィリア・バイオフィリア 
12. 悪について(2) 自由・決定論・二者択一論 
13. 生きるということ(1) 持つことと在ること 
14. 生きるということ(2) 新しい人間、新しい社会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習/各テキスト指定箇所を事前に読んでおく。
復習/授業を振り返り、コメントメール(主観+客観)を送る。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各回授業へのコメント(70%) 、授業末レポート(30%)
テキスト
Textbooks
「ブラックボード」上にアップする。
参考文献
Readings
「ブラックボード」上にアップする。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
第一回目授業「ガイダンス」にて、授業の方針・進め方を説明します。授業中に使用したパワーポイントデータ等は、ブラックボード上にアップします。
毎週木曜日の3限までにコンテンツを公開する予定です。 
注意事項
Notice
2022年度休講予定 


PAGE TOP