シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BT102/組織と戦略
(Organization and Strategy) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
より善いビジネスの実践のために 
担当者 (Instructor) 西原 文乃(NISHIHARA AYANO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) D201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BT102 



授業の
目標
Course
Objectives
企業は、日々新たな価値を生み出し、持続的な競争優位を持ち続けなければならない。本授業では、その源泉は組織と組織を活かす戦略にある、というスタンスに立ち、組織能力(Organizational Capability)、組織の成長と持続、組織と社会に関する講義と、ケース分析を行う。また、関連する分野の理論やフレームワーク、最新の動向なども取り上げる。これらを通して、企業現場での実践に役立つ知識を得ることを目標とする。 
Companies must continue to create new value to maintain a sustainable competitive advantage. This course will take a stance that the source is in the organization and the strategy, lectures and case analyses will be given on Organizational Capability, Growth and Sustainability of Organizations, and Organizations and Society. Students will also learn about theories and frameworks in related fields and the latest trends. The goal is to gain knowledge that is useful for practical use in the corporate world. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、1)組織能力、2)組織の成長と持続、3)組織と社会、の3テーマについて、講義とケース分析を行う。各回の授業は、前半で理論やフレームワークなどを解説し、後半でケースを紹介し、学生に発言やワークを求める。授業内で理論やフレームワークを使ってみることにより、実践的な戦略の分析や立案を行い学びを促進する。また、Blackboardを活用して、授業前に事前課題、授業後にリアクションペーパーの提出を行うことで、学習効果の向上を狙う。なお、「対面」は予定であり変更になることがある。 
In this class, lectures and case analyses will be given on the following three topics: 1) organizational capabilities, 2) organizational growth and sustainability, and 3) organizations and society. In the first half of each class, theories and frameworks will be explained, and in the second half, cases will be introduced and students will be asked to speak and work. By using the theories and frameworks in class, students will be able to promote their learning. Using Blackboard, students will be required to submit pre-assignments before the class and reaction papers after the class in order to improve the learning effect. Please note that "face-to-face" is a schedule and is subject to change. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:SP対OCの争い (対面) 
2. 組織能力:真似されない希少な資源を持つ 
3. 組織能力:変化に対応できる能力を持つ 
4. 組織能力:他の組織とコラボできるオープンさを持つ 
5. ゲストスピーカー  (対面) 
6. 組織の成長と持続:スタートアップ 
7. 組織の成長と持続:中小企業、ファミリービジネス 
8. .組織の成長と持続:長寿・老舗企業 
9. ゲストスピーカー  (対面) 
10. 組織と社会:産官学民連携 
11. 組織と社会:新たな働き方(DX、副業、テレワーク、など) 
12. 組織と社会:組織の社会的使命(イノベーションと価値創造) 
13. まとめ 
14. 授業内テスト  (対面) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内に指示する。授業前に、テキストやケースに関する文献や新聞を読んだり、映像を見たりして、事前課題を行う。授業後にはリアクションペーパーを提出する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、授業内ワーク・発言(20%) 、事前課題(20%) 、リアクションペーパー(20%)
備考(Notes)
有意義な貢献をした学生には別途、加点する場合がある。最終テストが0点の場合は、評価の対象としない。
テキスト
Textbooks
授業内に指定する
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 入山章栄  『世界標準の経営理論』   ダイヤモンド社  2019  4478109575 
2. 広野彩子  『世界最高峰の経営教室』   日経BP  2020  4296107062 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP