シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BT121/マーケティング・セオリー
(Marketing Theory) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 有馬 賢治(ARIMA KENJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) MB01(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS4100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BT121 



授業の
目標
Course
Objectives
マーケティングの基礎的概念の再検討を通じて、現代のマーケティング課題について考える力を身につける。また、マーケティングをベースとした批判的思考能力、応用的思考能力を身に付ける。 
This course will teach students the ability to think about modern marketing issues through the reevaluation of basic marketing concepts. It will also give students the ability to think critically and practically about marketing. 
授業の
内容
Course
Contents
マーケティングの基礎理論が習得されていることを前提とし、マーケティングの基本的考え方、応用方法を理論的に検討する。既存理論をただ鵜呑みにするのではなく、概念の意味内容の検討や実際の企業活動を想定しながら、マーケティングが実践できるように思考する方法を身に着けることを目的として講義を展開する。
なお、本講義は昨年度までは大学院修士課程の講義としても展開されたものであるので、相応の学習能力が求められる。履修者には、積極的な予習と授業内での発言が期待される。講義は、基本的にオンラインで実施し、最終回を教室で対面により質問を受け付ける。 
This course assumes that students have learned the basic theory of marketing, and delves into the theory behind fundamental concepts in marketing and methods of their application. The goal of this course is not simply accepting existing theories, but giving students ways to consider how to be able to use marketing in practice while investigating the detailed significance of concepts and estimating the actual activities of businesses.
This course was also offered as a graduate course up until last year; a fairly high level of academic ability is expected in it. Students are expected to proactively prepare for and speak out during class.The lectures are basically conducted online, with the final session held in the classroom for students to ask questions in person. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション、講義の目的、授業の進め方、身近なトピックの紹介 
2. マーケティング研究の特徴 
3. マーケティングの学説史 
4. 市場の定義 
5. マーケティングの研究枠組み 
6. 戦略の定義 
7. マーケティング環境 
8. 全社戦略 
9. マーケティング・ミックスの批判的考察 
10. マーケティング・ブレンド 
11. マーケティング・モジュール 
12. サービス財の認識方法 
13. コミュニケーション 
14. 教室での対面による質問の受付 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で指示する。
本講義は昨年度までは大学院修士課程の講義としても展開されたものであるので、相応の学習能力が求められる。3年次の学生にも分かりやすく解説は行うが、履修者には積極的なテキストの予習が期待される。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
複数回の小テスト(100%)
備考(Notes)
毎回授業時間内で完結する小テストをBlackboardで実施する。成績は、各回の小テストの累積点数によって評価をする。欠席による個別対応は行わないので、授業時間中の指定されたタイミングで必ず小テストを受けること。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 有馬賢治  『マーケティング・ブレンド』   白桃書房  2006年  ISBN4-561-66155-7 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業内で適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP