シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/国際経営論
(International Business) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
企業は、どう経営を国際化するのか 
担当者 (Instructor) 尾﨑 俊哉(OZAKI TOSHIYA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) MB01(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GBU2000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 国際経営学科2年次は自動登録/左記以外は科目コード登録 
テキスト用コード (Text Code) BT164 



授業の
目標
Course
Objectives
1)企業が国際化する,とはどのようなことかについて知る
2)企業の国際化を分析するために必要な,理論的枠組みを学ぶ
3)国の違い(National Difference)と企業の戦略との間に,どのような関係があるかについて理解する 
Students will:
1) Learn what it means for a corporation to internationalize
2) Study the theoretical frameworks necessary to analyze the internationalization of corporations
3) Gain an understanding of the relationship between national differences and corporate strategies 
授業の
内容
Course
Contents
企業が海外に進出するとは,どのようなことなのか。海外に進出しない企業でもグローバル競争に巻き込まれるのは,なぜなのか。私たちが,旅行で海外へ行くのと,仕事で行くのとでは,なにがどう違うのか。国際経営と国内経営は何が,なぜ,どう違うのか。ビジネスにとって,国の違いのどのような点が問題となるのか。

これらの疑問をきっかけに,国際経営について,具体的な事例と理論的な枠組みを広く学びながら,考える。ビジネスがグローバル化するとは,どのようなことなのか,また,ビジネスを国際的に展開するために何が必要か,について,具体的な事例と理論的な枠組みを広く学びながら,考える。 
What is needed for a corporation to expand overseas? Why is it that corporations that do not expand overseas are wrapped up in global competition anyways? What is different between us going on a vacation abroad, and going abroad for work, and how is it different? How and why are international management and domestic management different? What are the issues with national differences according to businesses?
Using these questions, students will broadly study and consider concrete cases and theoretical frameworks related to international management. Students will study and consider what it means for a business to globalize, and also what is necessary for a business to expand overseas using actual cases and theoretical frameworks. 
授業計画
Course
Schedule
1. はじめに:経営とはなにか?国際経営論の前提としての「経営戦略論」 
2. 企業にとって,国の違いは何を意味するのか(1):正式な違い 
3. 企業にとって,国の違いは何を意味するのか(2):見えない違い 
4. 企業にとって,国の違いは何を意味するのか(3):ジレンマ 
5. 企業は,違いをどう使えばよいか(1):モノの流れ(貿易) 
6. 企業は,違いをどう使えばよいか(2):おカネとノウハウの流れ(直接投資) 
7. 企業は,違いをどう使えばよいか(3):為替 
8. ミニテスト(1) 
9. ゲストスピーカー・セッション 
10. 違いを活かす戦略(1):経営戦略 
11. 違いを活かす戦略(2):市場参入戦略 
12. 違いを活かす戦略(3):製造・販売・人事 
13. ミニテスト(2) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
教科書を事前に読んで授業に臨むこと。Blackboardを使って予習・復習を行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ミニテスト(1)(25%) 、ミニテスト(2)(25%) 、Blackboardによる復習(35%) 、クラス参加(15%)
テキスト
Textbooks
Blackboard上に適宜,必要なテキストを紹介します。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Charles Hill & William Hernandez Requejo  Global Business Today   McGraw-Hill Irwin  2011  0071220844 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ゲストスピーカーの都合により、ゲストスピーカー・セッションの日時が変更となる可能性があります。それに伴って、全体のスケジュールも変更になる可能性があります。初回の授業時に、この点を含めた詳しい授業内容について確認します。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP