シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BT222/企業人セミナー2
(Seminar on Corporate Perspectives 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
〝今″に役立つマーケティングとPR 2021 
担当者 (Instructor) 高岡 美佳(TAKAOKA MIKA)
永谷 亜矢子(NAGAYA AYAKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 土曜日(Sat) 2時限(Period 2) M302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS3800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BT222 



授業の
目標
Course
Objectives
新たなデバイスやデジタルプラットフォームが次々に誕生し、さらにはコロナ禍に起きマーケティングの進化や変化も加速する環境下にて、机上の空論ではなく「今」役立つマーケティングとPRをリアルな実践事例に基づいた講義にてわかりやすく理解します  
In technology area, so many new devices have merged one after another and in marketing area, great changes and development have been made due to the novel coronavirus pandemic. Under such significant environmental shift, in this class, students will learn, not an armchair theory but rather viable and practical marketing and PR techniques in the real life of TODAY. Many actual case studies will be introduced in a comprehensive manner. 
授業の
内容
Course
Contents
本講義担当者が、現在担っている様々な分野での事業やコンテンツプロデュース、マーケティングやPRコンサルタントの経験を活かし、今 起きている、今 知ってくべきマーケティングやPRを最新事例と共に学習します。
コロナ禍において変容するプロモーション手法や広告市況をはじめ、コンテンツ、動画配信、SNSなど現在頻繁に活用されてるマーケティングを種別に学び、戦略PR他、ビジネスツールとして欠かせないGAFAなどのグローバルメガテック企業の現状についても講義します。
昨年も好評だった、社会の第一線で活躍する企業の事業責任者をゲストスピーカーとして招き、リアルな事象を共に考察します。 
I will fully utilize my over-arching experiences in various industry and operation fields that I am currently undertaking as a content producer and a Marketing and PR consultant. The students will study Marketing and PR methods, using many actual examples of real business fields.
The curriculum includes; recent trend shift in promotion and advertisement due to the novel coronavirus pandemic, the most frequently-used marketing categories such as content production, video streaming and social media promotion and strategic PR. Also, the on-going situation of the global tech giants, GAFA will be covered in the class.
Continued from the last year, the popular program, a guest speaker session will also be held during the semester. The latest most successful business leaders will be invited to the class and will jointly debate on a hot topic, actually happening in a real marketing field. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. コロナ禍における新たなプロモーショントレンドと最新広告市況 
3. ビッグテック最新事情 前編 
4. ビッグテック最新事情 後編 
5. プランニングの必然と編集力(求められるエディター力) 
6. ブランディングの重要性  
7. SNSマーケティング  
8. コンテンツマーケティング 
9. インフルエンサーマーケティング・インタラクティブマーケティング 
10. ファンマーケティング(プラットフォーム活用編) 
11. 企業の課題解決を提案するワークショップ  
12. AfterコロナのPRとは  
13. 戦略PR 事例と共に学ぶ  
14. 総括 全講義を踏襲した課題提出  
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
適宜指示します 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、出席および授業内のリアクションシート(50%) 、授業内課題(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 安部徹也  『漫画でやさしくわかるコトラー』   日本能率協会  2015   
2. 宮永博史  『世界一分かりやすいマーケティングの教科書』   KADOKAWA  2019   
3. 田村麻美  『ブスのマーケティング戦略』   文響社  2018   
4. 松尾茂起  『沈黙のwebマーケティング』   インプレス  2020   
5. 山崎祥之   『さわぎの起こし方』   信毎書籍印刷   2018   
6. 立教大学 経営学部  『デジタルメディア時代のマーケティング』   丸善雄松堂   2018   
7. ジャックポスター  『アイデアのヒント』   cccメディアハウス   2003   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
講義内容に応じて、メディア、マーケティング、PR等企業の代表や責任者をゲストに招致します
2020年実績:東邦レオ 代表取締役社長 吉川稔氏 リデル 代表取締役社長 福田晃一氏 2019年実績:INDEEDJAPAN代表取締役(現USEN CMO)高橋信太郎氏 トランジットゼネラルオフィス 代表取締役社長 中村貞祐氏 ベクトルグループ イニシャル 代表取締役社長 堀井 優氏ほか
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP