シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/企業人セミナー3
(Seminar on Corporate Perspectives 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
社会的価値実現のための企業報告ー取組の実際と課題
Corporate reporting for social value creation- its practice and issues 
担当者 (Instructor) 西原 文乃(NISHIHARA AYANO)
芝坂 佳子(SHIBASAKA YOSHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) D302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS3800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BT223 



授業の
目標
Course
Objectives
社会環境の変化の中で持続的な価値向上をめざす企業の取組を理解する 
Considerations for improving corporate continuous value creation among VUCA era 
授業の
内容
Course
Contents
企業経営を取り巻く課題の理解を深めるために、最新の記事や論文、ペーパー等をベースに議論を行う。グループワークとして統合報告書等から企業の優位性や価値創造ストーリーを分析した発表を組み入れる。 
Based on practical approach, magazine/newspaper articles and papers/reports will be assigned as pre-read materials. The groupwork and presentation are included, which focus on corporate value creation story of each company. 
授業計画
Course
Schedule
1. <はじめに>
なぜ長期的視点の投資家はESGに着目するのか。なぜ、企業はSDGsに取り組むのか
<introduction>
Why long-term based investors are interested in ESG? Why companies are focused on SDGs? 
2. <基本的な理解>
企業価値はどのようにして決まるのか。企業価値とはなにか。(グループ分けの実施と対象企業の決定
<preliminary understanding>
What is corporate value? What are elements decided corporate value? 
3. <ESGとはなにか>
ESGそれぞれについて違いと企業価値に及ぼす影響について考える。知的資本、人的資本、組織資本、関係性資本についても理解する。
<Why ESG?>
ESG and its impact for corporate value. Considered for intellectual capital, human capital, organizational capital and social/relationship capital. 
4. <インベストメントチェーンとはなにか>
資本市場の全体の仕組みの理解とインベスメントチェーン活性化の必要性。スチュワードシップコードと投資家行動の変容。
<Investment Chain>
Overview of investment chain and its elements . Stewardship Code and Investors' current preference. 
5. <コーポレートガバナンスの基本的な理解>
コーポレートガバナンス・コードと日本における取組の特徴と現状。
<Corporate Governance Overview>
Corporate Governance Code and current status and issues on Japanese companies. 
6. <企業報告の全体像を理解する>
報告全体の体系と実際とその機能、役割り、利用者等について考える。<Corporate Reporting Overview>
Corporate reporting system, functions, roles and audiences in markets. 
7. <統合報告書とはなにか①>
統合報告書を理解するための基本的な知識を習得する(IIRC日本事務局からのゲスト講師を予定)
<Integrated Repots 1>
IIRC Framework and basic concept of interted reporting and reports (Guest lecturer from IIRC) 
8. <統合報告書とはなにか②>
企業での作成が進んでいる統合報告書の現状を理解し、作成の目的と役割を検討する。(KPMGからのゲスト講師を予定)
<Integrated Reports 2>
Current status and issues of integrated reporting in Japan (Guest lecturer from KPMG) 
9. <企業の存在意義を考える>
ステークホルダー資本主義と企業の存在意義、およびPurpose Statementの必要性を考える。(Oxford大学のRobert Eccles教授のビデオプレゼンテーションを予定)
<Corporate Purpose>
From shareholders capitalism to stakeholders capitalism. Importance of the statement of Purpose. (Guest lecturer - video - Oxford University visiting Professor Robert Eccles) 
10. <メトリクスをどう活かすか>
経営や投資家の意思決定に資する報告に不可欠となるメトリクスとはなにか。<Matrix for corporate reporting>
What are necessary elements of Metrix for decision making process of significant audiences? 
11. <投資家が期待する報告とはなにか>
的確な企業価値を実現するためのIRの在り方と報告について(IR専門家による解説を予定)
<Investors' interests>
IR and corporate reporting for enhancing corporate value (Guest lecture - IR specialist) 
12. <DXがもたらすもの>
DXにより変化する経営課題と報告への影響と効果(DB等の実際)
<DX and corporate communication>
Impact of DX and its implications for improving quality of corporate reporting 
13. グループ発表とDiscussion
Presentation and discussion 
14. まとめ
Wrap-up 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回、次回講義のための予習として文献を提示する予定です。それを読んだうえで参加してください。講義冒頭で、感想や気づきなどの共有を行います
Preparation based on pre-read materials is required for each lecture. 5 minutes -10 minutes discussion will be conducted at the begging of the lecture. 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
授業での貢献(Contribution for discussion at the class room)(25%) 、グループ発表の内容(Presentation of group work)(25%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP