シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/リーダーシップ入門(BL0)
(Leadership-Introduction) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 岡本 紀明(OKAMOTO NORIAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 4407(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS1510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等は立教時間に掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) BT266 



授業の
目標
Course
Objectives
少人数のグループワークを通じて、自分なりのリーダーシップの発揮方法を体感し、経営学部で自律的に学習していくための専門知識やスキルの必要性を学ぶことを目的とする。経営学部の専門科目や、BLP・BBPへの円滑な導入の基礎となる重要な科目である。 
The aim of this course is for students to feel ways in which they can display their own leadership abilities through group work in small groups, and to learn the necessity of specialized knowledge and skills in order to learn autonomously in the College of Business. This is an important subject for specializations in the College of Business, and for the basics for the smooth implementation of BLP/BBP. 
授業の
内容
Course
Contents
実際の企業に対して、少人数のグループ単位で企画提案を行うプロジェクトと、その振り返りが授業の中心となる。

(1) グループワークを通じて、自分なりのリーダーシップの発揮方法を体感する。
(2) チームで議論しながら結論を導くプロセスを体験し、生産的な議論のしかたを学ぶ。
(3) 自分の主張を裏付けるために必要な情報を収集し、意見や提案を構成する練習を行なう。
(4) 言いたいことを言うだけではなく、聞き手を説得できるプレゼンテーションを構成する方法を習得する。
(5) 企画提案プロジェクトの活動を振り返り、グループとして成果をあげるにはどのようなチームワークが必要だったか、個人としてチームにどのように関わるべきだったかについて考える。 
This course will focus on work done in small groups to create business proposals, and projects, on the topic of actuals businesses, as well as review.
(1) Students will learn how they lead best through group work.
(2) Students will learn the process of coming to conclusions while debating things as a team, and learn how to discuss things productively.
(3) Students will collect information necessary in order to back up their claims, and practice creating opinions and proposals.
(4) Student will not only learn to say what they wish to say, but also to create a presentation which allows the listener to accept what is being said.
(5) Students will review their activities in a business proposal project, and consider the team work that is necessary to achieve results in group work, as well as how they as individuals can contribute to teams. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:授業内容の説明 
2. リーダーシップとは?(1) 
3. リーダーシップとは?(2) 
4. チームビルディング 
5. 仮説の構築と検証(1) 
6. 仮説の構築と検証(2) 
7. 中間発表 
8. 中間振り返り 
9. プランの再構築 
10. プレゼンテーション(予選1) 
11. プレゼンテーション(予選2) 
12. プレゼンテーション(本選) 
13. 授業の振り返り(1) 
14. 授業の振り返り(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎授業ごとに、授業内容に関する課題が出される。授業スライドをもとに、授業内容を復習し、自分のリーダーシップ行動の振り返りをすることが求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の発表・討議・質疑応答(30%) 、グループワークの成果(40%) 、提出物(30%)
備考(Notes)
欠席3回でD評価とする。
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 石川淳  『シェアド・リーダーシップ-チーム全員の影響力が職場を強くする』   中央経済社  2016  4502203513 
2. 中原淳、舘野泰一、高橋俊之  『リーダーシップ教育のフロンティア【研究編】: 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ」』   北大路書房  2018  4762830224 
3. 中原淳、高橋俊之、舘野泰一  『リーダーシップ教育のフロンティア【実践編】: 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ」』   北大路書房  2018  4762830232 
その他(Others)
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
適宜指示する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP