シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/2年次演習1
(Seminar1(2nd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
経営戦略の理論と実態の基礎 -企業分析の基礎を学ぶ- 
担当者 (Instructor) 秋野 晶二(AKINO SHOJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) A302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS2010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,アカウンティング&ファイナンス領域 
テキスト用コード (Text Code) BT301 



授業の
目標
Course
Objectives
 この授業の目的は,企業と経営戦略の理論,歴史・現状に関連する多数の文献・資料の収集,文献の熟読・読解の把握に基づいて,企業活動の問題を見つけ出し,それを多面的な観点から理論的かつ実証的に解明する能力を養うための基礎的能力(読む・書く・話す・調べる・理解する)を習得する。 
The aim of this course is for students to acquire, read through, and understand literature/materials on the theory, history, and current state of corporations and management strategies, and discover issues in the activities of corporations based on those readings. Students will develop their abilities (reading, writing, speaking, researching, and understanding) to analyze these issues theoretically and practically from varied perspectives.  
授業の
内容
Course
Contents
 企業には,業績の良い企業とそうでない企業がある。そのようなことがなぜ起こるのだろうか。本ゼミでは,このような企業の好・不調の要因や企業をめぐる様々な謎を経営戦略論に基づいて理論的・実証的に解明する能力を習得する。
 そのためには,経営学の専門的な知識を広く深く学んでいく必要がある。本ゼミでは経営学の専門書などの企業活動に関する経営理論を報告,論点提示,論点の議論,発展報告といったプロセスで時間をじっくりとかけて学ぶ。
 並行して企業の財務データや産業データの見方,分析の仕方を学び,実際に,企業や産業の実態を分析する方法の基礎を学ぶ。その際,企業分析の仕方の基礎を学ぶために,本ゼミで作成した経営分析のテキストを活用する。特に,2年生は,課題として,グループで企業の分析を行う。その際,エレクトロニクス産業の中から企業を選定し,テーマを自ら設定したうえで,その分析を行う。(2020年度はパナソニック。)このような企業分析を行うに当たっては,まずは企業に関する広範で多数の文献・資料を自ら地道に収集し,これをしっかりと読み込んで,企業の歩みや現状に関する全体像を知ることから始めなければならない。この作業はしばしば軽視されるが,これを怠ると良いテーマ設定や分析にはつながらない。このような多数の資料や文献の収集および読解が本ゼミの勉強の基本である。
 このような作業で得られた企業の知識をベースとし,経営分析の手法をも活用して,1年かけて企業の分析の基礎をマスターしていく。このような分析を通して,単にネットや雑誌・記事から「答え」を探すコピペ学習から抜け出す。そして多様な考え方の理解の上に、自ら良いテーマを設定し,自分の方法で分析にあたる。こうして自分の考え方を創り出すための基礎的な力を養うことができる。なお夏休みには夏合宿を行い、企業研究の中間報告と作業を行う。
 秋野ゼミは,このような活動を通して、大学でしか身につけられない能力と勉強を通して友人が得られるゼミです。企業の理論と実態の両方に関心があり,向上心と探究心をもって持続的に時間をかけ粘り強く勉強し,みんなで協力してゼミを活性化してくれる学生を待っています。
 なお年に数回,工場や企業などの訪問を実施し,実際の経営活動を学ぶ機会も設ける。
 なおゼミの詳細と実態については,http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2020/index.htmlを必ずよく読むこと。 
 There are corporations with good business results, and those with bad business results. Why is this? In this seminar, students will learn about various mysteries relating to the factors involved in the prosperity and failing of businesses, and acquire the skills to interpret them practically and theoretically based on management strategy.
 In order to do this, students need to study a wide range of specialized topics in business management. In this seminar, students will spend time on learning about management theory concerning corporate activities through the process of introducing a point, presenting arguments, debating arguments, and developing views, using technical books in business management, etc.
 While doing this, students will also learn the basics of how to read financial and industrial data, how to analyze things, and actually analyze corporations and industries in practice. The management analysis textbook made for this seminar will be used to help students learn the basics of how to conduct business analyses. In particular, as an exercise, second year students will conduct business analyses in groups. They will select a business in the electronics industry, make their own theme, then conduct an analysis. (In 2020 students chose Panasonic Corporation.) When conducting such business analyses, one must first start out by understanding the whole aspect of the business including its past and the current state; to do this, students will steadily gather wide and diverse literature and materials in and read through them thoroughly. This work is often neglected, but if students are not thorough in their research, it will not lead to a good choice of theme or analysis. The gathering, reading, and understanding of these materials and literature is the foundation of the studies in this seminar.
 Students will master the basics of business analysis over the course of the year by applying management analysis methods based on the knowledge of businesses gained through such work. Such analyses will help students avoid simply copy-pasting “answers” from the internet, journals, or articles. Also, students will find their own methods for setting a good theme and conduct analysis on their own based on their understanding of diverse concepts. In this way, students will be able to foster basics skills to form their own ways of thinking. Also, a summer camp will be held where students will work on an interim report of their company research.
 The Akino seminar provides an opportunity to make friends through studying while gaining skills that can only be trained at university through such activities. We are awaiting students who will work together to bring this seminar to life, who have an interest in both the theoretical and practical aspects of businesses, and who are tenacious in their continued studies over time with a spirit of inquiry and desire to improve.
 Also, this seminar provides the opportunity to study management activities in practice on field trips to factories and businesses a few times a year.
 Please make sure to check the following link for details and current updates on this seminar: http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2020/index.html  
授業計画
Course
Schedule
1. 第一回ガイダンス 
2. 第二回ガイダンス 
3. テキスト輪読 
4. テキスト輪読 
5. 企業分析報告 
6. テキスト輪読 
7. テキスト輪読 
8. テキスト輪読 
9. テキスト輪読 
10. 企業分析報告 
11. テキスト輪読 
12. テキスト輪読 
13. テキスト輪読 
14. 企業分析報告 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 テキストを熟読し,質問・意見を整理して,論点や質問を発言できるように毎回準備する。報告者はレジュメの作成,報告の準備等を行う。企業研究では,資料の収集・整理・分析を通じたグループ活動を行い,報告・論文作成の準備を行う。準備にためには多数の文献の収集、整理、読解することが必要となる。また討論会の準備も行う。学生主体でサブゼミも行う。夏休みには夏合宿を行う。このほか、時間外で企業や工場への訪問を行う予定である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回の参加・発言・報告・課題の提出・共同研究への参加度など(95%) 、参加度(5%)
テキスト
Textbooks
2020年度は嶋口充輝ほか『1からの戦略論』中央経済社を使用した。また経営戦略論の基本論文とそれを解説した論文を納めた秋野ゼミ独自に作成したテキストを『秋野ゼミナール 経営戦略論テキスト』を、また経営分析のための秋野ゼミ独自のテキストを使用する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 秋野晶二他編著  『グローバル化とイノベーションの経営学』   税務経理協会  2018年  978-4419065621 
2. 淺羽茂・牛島辰男  『経営戦略をつかむ』   有斐閣  2010年  978-4641177130 
その他(Others)
テキストを基礎にしながら,その内容に沿って多数の著名な戦略論のテキストの原文(英文含む)にも当たっている。参考文献は随時,指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2020/index.html 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP