シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/2年次演習2
(Seminar2(2nd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
メディア論入門 
担当者 (Instructor) シュールズ,D(SCHULES,DOUGLAS) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) X105(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GBU2011 
使用言語
(Language)
英語
(English) 
備考 (Notes) コンセントレーション:コミュニケーション領域 
テキスト用コード (Text Code) BT371 



授業の
目標
Course
Objectives
1)社会におけるメディアの影響を理解すること
2)メディア論を実社会に応用すること
3)基本的なメディア制作スキルを開発すること 
1) To understand the influence of the media in society
2) To apply media studies in the real world
3) To develop basic media production skills 
授業の
内容
Course
Contents
この授業は実践を中心としたメディア論入門です。1年の間に登録された学生は基本的なメディア論アプローチを学び、メディアリテラシーのキーコンセプトを勉強し、メディア制作のための業界標準のプログラムに触れることが出来ます。

秋学期にはメディア制作スキルを継続して開発中ですが、メディア消費や流通に関する理論を主に学びます。

メディア論について学術記事(英語および日本語)を読んでこれらのコンセプトを応用し、プロジェクトに取り組みます。講義は英語で行います。 
This course offers an introduction to media theory by focusing on practice. Over the course of the year, students will learn basic approaches to the study of media, study key concepts for media literacy, and become familiar with industry standard programs for media creation.

In the second semester, students will continue to develop their media production skills, but focus primarily on exploring theories of media consumption and distribution.

In addition, you will read academic articles (English and Japanese) on media studies, apply these concepts, and incorporate them into projects. This course is held in English. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業の紹介 
2. メディア論 (制作1) 
3. メディア論 (制作2) 
4. メディア論 (制作3) 
5. 発表 
6. メディア論 (流通1) 
7. メディア論 (流通2) 
8. メディア論 (流通3) 
9. 発表 
10. メディア論 (消費1) 
11. メディア論 (消費2) 
12. メディア論 (消費3) 
13. 発表 
14. 発表 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
参考資料を読む、産業イベントへの見学および参加 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
参加態度(10%) 、発表(25%) 、プロジェクトとグループワーク(2つ)(40%) 、レポート、宿題(25%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP