シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/3年次演習1
(Seminar1(3rd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
経営戦略の理論と実態に関する多面的な理解と分析  -様々な企業分析方法の習熟と経営戦略論の応用- 
担当者 (Instructor) 秋野 晶二(AKINO SHOJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) A302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,アカウンティング&ファイナンス領域 
テキスト用コード (Text Code) BT401 



授業の
目標
Course
Objectives
 企業の理論,歴史・現状の多面的な理解と有価証券報告書の分析に基づいて,企業活動を理論的かつ実証的に解明することで,様々な仮説を構築する能力と発言・報告能力を修得する。 
In this course, students will acquire the skills to create hypotheses and to talk/report on business activities from theoretical and empirical points of view based on their multifaceted understanding of the theory, history, and current situation of businesses, and on analyses of securities reports.  
授業の
内容
Course
Contents
 企業に関する理論,有価証券報告書をはじめとする企業に関する各種データ,そして実際の企業活動に関連する事実,この三つを企業分析のために活用できるようになることが本ゼミナールの目的である。
 3年ゼミでは,各自一人一人が自由に分析したい企業とそのテーマを決めて,分析を行い、論文を作成することを課題とする。その分析にあたって,まず理論に関しては,2年生とともに企業活動を説明する一つの理論として,経営戦略論を輪読しながら学ぶ。
 春学期においては,各自分析する企業について,その有価証券報告書などの財務データに加え,様々な事実に関するデータの収集・整理・加工・分析を実施し,分析のためのテーマと構成を決定する。そのうえで,春学期中に学んだ多様な理論や事実,企業分析の方法に基づいて,各自の分析する企業に関する中間報告を夏合宿に行う。また企業分析に先立って、一人一つのケースを選んで、報告することで、具体的な企業分析のあり方についても学ぶ。
 この他にも,3年生は,他大学との討論会などで研究と討論の能力を高める。なお本講義を受講するにあたっては,経営学,経営戦略論の基本的な知識,および財務諸表の構造における基本的な理解,ならびに財務データや学術文献等の文献収集を行う能力を身に着けていることが望ましい。
 なお年に数回,工場や企業などの訪問を3年生が主体となって実施し,実際の経営活動を学ぶ機会も設ける。
 なおゼミの詳細と実態については,http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2020/index.htmlを必ずよく読むこと。 
It is the goal of this seminar to prepare our students to be able to analyze a company based on these three aspects: corporate theory, securities reports and other available data regarding corporate activities, and the current real-world conditions facing a company.
In the third year of the seminar, each student will individually choose a company they want to analyze, decide on a theme, and complete their dissertation after carrying out their research. In regards to the analysis, third-year students will first study together with second-year students by reading corporate strategies in turns as one way of explaining the actions corporations take.
In the spring semester, students will acquire, organize, process, and analyze various real-world data in addition to securities reports and financial data regarding the company they are each individually analyzing. Then, decide on the theme and configuration of their analysis. Next, based on the various facts, theories, and techniques for conducting a company analysis learned during the spring semester, students will complete an interim report at the summer training camp on the company they are analyzing. Also, students will learn necessary hard skills in preparation for the company analysis by first conducting a report on an individually selected case study.
In addition, third-year students will improve their research and debate skills by participating in functions such as debate competitions with other universities. It would be beneficial that prior to taking this course, students have acquired a basic knowledge of business management, management strategy, financial statement structure, and the ability to collect documents such as financial data and academic articles.
Also, this seminar provides the opportunity to study management activities in practice on field trips to factories and businesses a few times a year.
Please make sure to check the following link for details and current updates on this seminar: http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2020/index.html  
授業計画
Course
Schedule
1. 企業分析のための準備1:ケースの読解 
2. 企業分析のための準備2:ケースの読解 
3. 主要財務データの実数分析1 
4. 主要財務データの実数分析2 
5. 主要財務データの実数分析3 
6. 主要財務データの実数分析4 
7. 主要財務データの諸比率分析1 
8. 主要財務データの諸比率分析2 
9. 主要財務データの諸比率分析3 
10. 主要財務データの諸比率分析4 
11. 企業分析の中間報告1 
12. 企業分析の中間報告2 
13. 企業分析の中間報告3 
14. 企業分析の中間報告4 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
新聞記事の整理,各企業の財務データ・各種資料の収集・整理,討論会のための話し合い。夏合宿に参加する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回の参加・発言・報告・課題の提出・共同研究への参加度など(95%) 、参加度(5%)
テキスト
Textbooks
秋野ゼミナール『経営戦略がわかる企業分析法 基礎編 電子書籍版』
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 秋野晶二他編著  『グローバル化とイノベーションの経営学』   税務経理協会  2018年  978-4419065621 
2. 國貞克則  『財務3表一体分析法』   朝日新書  2009年  978-4022732743 
その他(Others)
経営分析の方法に関する文献,企業分析を行っている記事に加え、分析する企業に関連する多数の文献を使用する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.rikkyo.ne.jp/web/z5000006/akinoHP~2020/index.html 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP