シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/3年次演習1
(Seminar1(3rd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
組織における人の心理と行動 
担当者 (Instructor) 石川 淳(ISHIKAWA JUN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 6時限(Period 6) 7202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,コミュニケーション領域 
テキスト用コード (Text Code) BT403 



授業の
目標
Course
Objectives
専門的な知識を身につけると同時に,論理的思考能力,コミュニケーション能力,人間関係能力,異文化適応能力等を高め,これらを実際に発揮することができるスキルを身につけることを目標とする。 
The aim of this course is for students to increase their logical thinking ability, communication and interpersonal skills, and cross-cultural adaptability while acquiring specialized knowledge in their field. Furthermore, students should become able to demonstrate these skills in practice. 
授業の
内容
Course
Contents
組織(企業,学校,政府,サークル,NPOなど)の中の人間の心理・行動に焦点をあて,そのメカニズムを理解すると同時に,組織の目的と,組織に所属する人たちの幸せを同時に達成することができるマネジメントを研究する。具体的なテーマとして,リーダーシップ,コミュニケーション,モチベーション,チーム・ワーク,異文化マネジメントなどがあげられよう。
上記目標を達成するために,徹底的なディスカッションだけでなく,ケース・スタディ,ディベート,プレゼンテーション大会,プロジェクト研究などの教育方法も積極的に取り入れていきたい。
本ゼミの最大の特徴は,学生が主体となってゼミを創り上げていくところにある。なぜなら,そのようなプロセスを通じてのみ,リーダーシップやモチベーションなどの理論を実践の場で使えるような人間へと成長することができるからである。従って,自ら問題意識を持ち,自らが主役となってゼミ運営に関わろうとする意欲のある学生の受講が望ましい。 
This course focuses on the psychology and behaviours of people in organizations (companies, schools, government, clubs, NPOs, etc.). Students will come to understand the mechanisms behind those organizations, and research management methods that can achieve the happiness of the members as well as the goals of the organization. The themes covered will include leadership, communication, motivations, teamwork, and management in different cultures.
In order to achieve the above goals, in addition to in-depth discussions, we will actively incorporate case studies, debates, presentation contests, and project research as education methods.
The most important characteristic of this seminar is that students will come up with the subjects covered in the seminar. This is because it is through this process alone that students will grow into people that will be able to put the leadership and motivational theories learned in the seminar into practice. Consequently, the ideal students for this seminar will have an awareness of issues, and the desire to be involved in the running of the seminar and play a major role in it. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ケース・プレゼンテーション準備(1) 
3. ケース・プレゼンテーション準備(2) 
4. ケース・プレゼンテーション準備(3) 
5. ケース・プレゼンテーション発表 
6. クライアント企業との会合 
7. クライアント企業への提案作成(1) 
8. クライアント企業への提案作成(2) 
9. クライアント企業への提案作成(3) 
10. クライアント企業への提案作成(4) 
11. クライアント企業への提案作成(5) 
12. クライアントへの提案 
13. 春学期チーム活動の振り返り(1) 
14. 春学期チーム活動の振り返り(2)
なお,上記はあくまでも予定であり,実際には,受講者の興味関心に合わせて,フレキシブルに運営することとなる。 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回,授業準備が必須となる。具体的にどのような準備が必要になるかは,初回授業時に説明する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プロセス:ゼミ運営およびディスカッションへの貢献度(60%) 、アウトプット:プレゼンテーションおよび企業への提案(40%)
テキスト
Textbooks
初回授業時に指示する。
参考文献
Readings
初回授業時に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
詳細はゼミのHP(https://www.facebook.com/Ishikawa.seminar)にて指示する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP