シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/3年次演習1
(Seminar1(3rd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ニューメディアと資本主義の理論 
担当者 (Instructor) シュールズ,D(SCHULES,DOUGLAS) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) X105(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GBU3011 
使用言語
(Language)
英語
(English) 
備考 (Notes) コンセントレーション:コミュニケーション領域
【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) BT421 



授業の
目標
Course
Objectives
資本主義の多様な形態に関するメディア論を学ぶこと 
Students will study media theory as it relates to forms of capitalism 
授業の
内容
Course
Contents
ニューメディアテクノロジーの大衆化はこれまでのビジネスにとって課題でもあるし、好機ともなるものです。しかし、そのテクノロジーは一般的に批判的に分析されません。3年次にはニューメディアやテクノロジーのイデオロギーが社会とビジネスに影響を与えることを学びます。

春学期には学生はメディアとテクノロジーの歴史を勉強します。人々がどのような懸念を抱いていたのか、過去のテクノロジーがどのように「破壊的な」のかを調べ、これらを現在のメディア上の談話と比較します。


メディア論について学術記事(英語および日本語)を読んでこれらのコンセプトを応用し、プロジェクトに取り組みます。講義は英語で行います。 
The proliferation of new media technology is both a challenge and an opportunity for business. But these new technologies are often approached uncritically. In this course we will look at how ideologies of technology and media shape society and business practice.

In the first semester, students will study the history of media and technology. We will look at what concerns people had, how past technologies were "disruptive," and compare these to present day discourse on media.

In addition, you will read academic articles (English and Japanese) on media studies, apply these concepts, and incorporate them into projects. This course is held in English. 
授業計画
Course
Schedule
1. レビュー 
2. メディア論と歴史 1 
3. メディア論と歴史 1 
4. メディア論と歴史 1 
5. メディア論と歴史 2 
6. メディア論と歴史 2 
7. メディア論と歴史 2 
8. メディア論と歴史 3 
9. メディア論と歴史 3 
10. メディア論と歴史 3 
11. メディア論と歴史 4 
12. メディア論と歴史 4 
13. メディア論と歴史 4 
14. プロジェクト行動計画 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
プロジェクト、フィールドトリップ、フィールドワーク 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
参加態度(25%) 、プロジェクト課題(25%) 、発表(25%) 、フィールドワーク(25%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP