シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/3年次演習1
(Seminar1(3rd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
組織における人材開発・人材教育 
担当者 (Instructor) 中原 淳(NAKAHARA JUN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 9B01(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,コミュニケーション領域 
テキスト用コード (Text Code) BT423 



授業の
目標
Course
Objectives
組織における人材開発・人材教育の基礎知識を獲得するとともに、それらを応用して、事例研究を行う 
Students will acquire basic knowledge of human resource development and personnel training while applying that knowledge to conduct case studies. 
授業の
内容
Course
Contents
組織における人材開発・人材教育を専門とするゼミである。組織は、目標や戦略を達成するために、「人間が学ぶこと」を組織化する。これが「人材開発」であり「人材教育」である。このゼミでは、人材開発の基礎知識・基礎理論を学び、ディスカッションするとともに、そうした知識を活用しつつ、事例研究を行うものとする。事例研究のテーマとしては、実際の企業ないしは、社会課題をとりあげる。
本ゼミの最大の特徴は、学生が「主体な学び手」となり、教員とともに、ゼミをつくりあげることにある。積極的に他にかかわり、主体的に動くことのできる意欲溢れる学生の参加を期待する。 
This seminar specializes in human resource development and personnel training within an organization. To achieve its goals and strategies, an organization must foster an environment in which its workers can learn and grow. This is called “human resource development” and “personnel training.” In this seminar, students will learn basic concepts and theory in human resource development. We will apply this knowledge in discussions and case research. Students will examine actual companies or social issues as a theme for their case research.
The main feature of this seminar is that the student plays an active and integral role in the running of the class and creates the content of the seminar in conjunction with the instructor. It is expected that students be motivated to work independently and be actively involved with others in the class. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. テキスト購読:基礎理論1 
3. ディスカッション 
4. テキスト購読:基礎理論2 
5. ディスカッション 
6. テキスト購読:基礎理論3 
7. ディスカッション 
8. プレゼンテーション中間発表会 
9. テキスト購読:基礎理論4 
10. ディスカッション 
11. 事例研究相談会 
12. テキスト購読:基礎理論5 
13. ディスカッション 
14. プレゼンテーション最終発表会
(なお、上記はあくまで予定であり、実際の学生の習熟状況、および、基礎知識の有無をみつつ、フレキシブルな授業運営を行うものとする) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回授業準備を必要とする。事例研究のため、授業外での探究活動を行う必要がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ゼミ運営・ディスカッションへの貢献(60%) 、輪読などの分担・プレゼンテーション(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.nakahara-lab.net/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP