シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/3年次演習2
(Seminar2(3rd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
マーケティング・リーダーシップシップ
マーケティングの理論的,実践的理解 
担当者 (Instructor) 有馬 賢治(ARIMA KENJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) X202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マーケティング領域 
テキスト用コード (Text Code) BT452 



授業の
目標
Course
Objectives
マーケティングを通じて社会現象を理解し,考える力,分析する力,ビジネス・センスを身につける。 
In this course, students will acquire critical thinking skills, analytical skills, and business sense through learning about social phenomena in marketing.  
授業の
内容
Course
Contents
マーケティングに関する知識・センスを養うために,春学期に引き続き一年間月単位でトピックを決めて研究を進める。また,グループワークから社会性を身に付ける過程を通じて,個人の実力を養っていく。
 秋学期は特に実践的なマーケティングの課題として,人材獲得のためのプロモーション戦略をドメイン,ビジョン,ミッションの立案から着手し,実践的活動にまで具体化していく。さらに人材育成のための指導プログラムの企画,運営まで実施する。グループワークを先輩・同輩・後輩と行う機会を通じて,メンタルタフネス,コミュニケーション能力,リーダーシップに関わる基礎力と応用力を身につけていく。 
In order to cultivate students’ knowledge and sense of marketing, following the spring semester, a topic will be chosen on a monthly basis throughout the year which students will conduct research on. Furthermore, through the process of cultivating students’ social skills through the group work portion of the seminar, students will also uncover their own individual strengths as well.
In the fall semester, students will propose a domain, vision, and mission for a promotion strategy for personnel acquisition, and apply it in practical activities as a way to learn about marketing in practice. Students will also create a training program for human resources development and put it into practice. In addition, students will acquire practical business skills, as well as basic skills related to mental toughness, communication, and leadership through opportunities to perform group work with their seniors, peers, and juniors.  
授業計画
Course
Schedule
1. 論文発表 
2. マーケティング著作の輪読-1, リクルーティング-1 
3. マーケティング著作の輪読-2, リクルーティング-2 
4. ヒット商品分析-1 
5. ヒット商品分析-2 
6. 企業戦略立案中間報告 
7. ディベート-1,リクルーティング-3 
8. ディベート-2,リクルーティング-4 
9. 人材育成プログラムの検討-1 
10. 人材育成プログラムの検討-2 
11. ケーススタディ-1 
12. ケーススタディ-2 
13. 学年対抗ディベート 
14. 1年間の総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の課題,輪読などでの学習範囲の予習を確実に行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プレゼンテーション(40%) 、授業期間内の複数レポート(40%) 、発言の回数及び内容(20%)
テキスト
Textbooks
随時授業中に提示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 有馬賢治  『マーケティング・ブレンド』   白桃書房  2006  ISBN4-561-66155-7 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
有馬ゼミホームページ
http://www.arima-seminar.com/

参考Webサイト
http://biz-journal.jp/series/kenji-arima-marketing-kihon/
http://biz-journal.jp/series/kenji-arima-marketing/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP